びびなび利用規約

「びびなび」をご利用頂きありがとうございます。本利用規約は、Vivid Navigation, Inc.(以下、「弊社」といいます)の運営するウェブサイト「びびなび」および「BizArea」(以下、「びびなび」といいます)をご利用になる全ての個人、企業、団体等(以下、「ユーザ」といいます)に適用されます。びびなびを利用するユーザは下記に記載される基本ガイドラインの全てに同意したものとみなし、基本ガイドラインに従い、各サービスの提供を受けるものとします。なお、びびなびで「タウンガイド」、「まちかどホットリスト」、「仕事探し」、「乗り物売買」、「不動産情報」、「暮らしのサポーターズ(コラム)」、「バナー広告」、「ニュースアド」、「求人・住宅欄」等の有料サービスを利用し、広告掲載を行う広告主の方(以下、「広告主」といいます)は、個人か企業かにかかわりなく、基本ガイドラインおよび有料サービスガイドラインにも同意したものと見なされます。また、個人情報の取り扱いについては「プライバシーポリシー」をお読みください。各国の法令で未成年と定められる年齢のユーザ(以下、「未成年ユーザ」といいます)がびびなびを利用する場合は「未成年者の為の安全ガイド」を必ずご確認ください。未成年ユーザがびびなびの利用を希望する場合はユーザ登録および保護者または親権者からの同意が必要となりますので、必ず保護者もしくは親権者からの同意を得た上でびびなびをご利用ください。もし保護者または親権者からの同意なく、未成年ユーザが個人情報等をびびなびに提供したことが分かった場合には、弊社までご連絡ください。

第1編 基本ガイドライン

第1章 総合利用規約

弊社はびびなびの利用にあたり、以下のように「総合利用規約」(以下、「本総合利用規約」といいます)を定め、びびなびを利用する全てのユーザはこれに同意したものと見なします。ユーザは本総合利用規約に定められている内容を熟知し、厳守することでびびなびの利用ができるものとします。

第1条(掲載内容について)
びびなびの利用に伴いユーザから提供された掲載文章、画像、動画等を含む全てのデータ(以下、「データ」といいます)に関する責任は、ユーザにあるものとし、データが原因で発生する一切の問題に弊社は関与しません。ユーザはびびなびの利用における一切の行為とその結果に対して全責任を負うものとし、びびなびの利用中に自身のデータが原因で何らかの問題が発生した場合でも自己の費用と責任において、これを解決するものとし、弊社にいかなる迷惑や損害も与えないものとします。なお、弊社でも厳重に管理を行っておりますが、対応に時間がかかる場合や意図しない見落とし等ある場合がありますので、びびなび内に掲載されるデータでおかしなデータを発見した場合は、弊社までお知らせください。
第2条(掲載の開始)
ユーザがびびなびでユーザ登録を行い、ログインしている状態で投稿を行う場合は、投稿が即座にびびなび上に掲載されます。ユーザがユーザ登録を行わず、ログインしていない状態で投稿を行う場合は、弊社による投稿内容の確認が完了してからの掲載開始となります。なお、タウンガイド等、一部の企業向けサービスではユーザがログインしている状態で登録を行っても、企業の情報の確認等を目的にびびなび上に即座に反映されない場合があります。びびなびのユーザ登録については基本ガイドラインの第2章「会員規約」をご確認ください。
第3条(掲載場所について)

びびなびでは地域性や情報の的確性を重要視しています。そのため、データに含まれる情報には関係のないエリアへデータが投稿された場合や関係のない掲示板へ投稿された場合は、ユーザへの通知なく、投稿を削除する場合があります。また、通常、びびなび上にリストされるデータはデータが投稿された日を基準にリストされていますが、ユーザがデータの内容を変更する場合でも、データの掲載される順番は変わりません。(一部のサービスでは異なります。)

第4条(データの管理について)

弊社では、びびなび内に投稿されたデータの管理を目的とし、ユーザの投稿を監視する場合があります。操作ミス、または故意による多重投稿と思われるデータは、ユーザが責任を持って削除してください。なお、状況に改善が見られない場合は、ユーザの許可なく、弊社がデータを削除できるものとしますが、本条は弊社にデータの削除義務を負わせるものではありません。同様にデータに変更や更新が必要な場合も、弊社は変更、更新義務を負いません。また、以下に該当する、もしくは弊社により以下に該当すると判断されたデータも同様にユーザへの通知、およびユーザからの許可なくデータの一部もしくは全てを削除し、ユーザによるびびなびの利用をお断りする場合がございます。本条の規定に従い、データを削除したこと、またはデータを削除しなかったことによりユーザが損害を被る場合でも弊社は一切責任を負いません。

  • 本総合利用規約の第12条の禁止事項に違反した場合。
  • その他、びびなびの利用にかかわる各利用規約、および注意事項に違反する場合。
  • ユーザのデータが弊社の規定する容量ないし、期間を経過した場合。
  • その他、弊社が削除の必要性があると判断する場合。
第5条(外部メディアをロード)
びびなびへの投稿を行う際に「外部メディアをロード」機能を利用する場合でも、一般の投稿と同様に「外部メディアをロード」機能を使い、掲載されたデータ等に関する責任はユーザに帰属します。ユーザは「外部メディアをロード」機能を用い、掲載されたデータの使用に関して、第三者の著作権、商標権、肖像権等の権利を確認の上、それらを侵害していないことを保証するものとし、ユーザが掲載したデータが原因で発生するいかなる問題にも弊社は関与せず、ユーザが自己の責任と負担において、これを解決することに同意したものとします。
第6条(データの保管について)
弊社はびびなび内でユーザが投稿、作成したデータを保存する義務を負いません。ユーザは自身の責任で必要なデータを保存するものとし、ユーザから提供された全てのデータが消失する等して、ユーザが不利益を被った場合でも、弊社は何ら責任を負わないことを理解したものとします。
第7条(利用環境の整備について)
ユーザはびびなびを利用する為に必要な通信機器、ソフトウェア、その他必要となる全ての機器および通信設定を自己の費用と責任において準備し、びびなびを利用できる状態にすることとします。よって、弊社で使用する通信機器、ソフトウェア等との互換性に関して、弊社は一切責任を負わないものとします。
第8条(ユーザ名・メールアドレス・パスワードの管理責任)

ユーザはユーザ登録をしない場合でもびびなびを利用することができますが、びびなびへデータを投稿する場合、ユーザはデータの管理を目的とし、ユーザ名、メールアドレス、パスワード(以下「ユーザ情報」といいます)の設定が必要となります。ユーザはびびなびの使用に関連し作成したユーザ情報の使用、管理について以下の各号に従い、全ての責任を負うものとします。

  • ユーザは自己のパスワードを情報保護の目的のため、定期的に変更するものとします。
  • ユーザが自己のユーザ情報を紛失した際は、弊社指定の方法により、ユーザ情報を確認することとします。
  • ユーザは自己のユーザ情報を第三者に使用させず、共有もしないものとします。またログイン時にパスワードを「保存」することによって保存したコンピュータにユーザ専用のパスワード等の情報を残し、以後第三者がユーザのパスワードでびびなびを利用できる環境をつくることを理解し、第三者のコンピュータではパスワードを保存することを避ける等の行為によって第三者のパスワード利用を防ぐ策を講じることとします。
  • ユーザ情報の認証を伴うサービスに対する一切の行為は、第三者が行ったものだった場合でも、そのユーザ情報を保有するユーザの行為と見なされることを理解し、使用するものとします。
  • ユーザ情報の紛失、流出等により、ユーザもしくは第三者が被害を被った場合は、ユーザが自己の費用と責任において、これを解決するものとし、弊社は一切責任を負いません。
第9条(著作権等)
びびなび内に表示される、文章、画像、動画、アイコン、グラフィック等を含む全てのコンテンツ(以下、「コンテンツ」といいます)に関する著作権は、弊社に帰属し、弊社の承諾なしにこれらのコンテンツを使用、複製、公開、送信、販売等することは禁止されています。またユーザから提供され、弊社の運営、管理するコンピューターシステム(以下、「システム」といいます)内に蓄積された全てのデータについても同様とし、ユーザはデータに関する著作権、著作者人格権、その他の権利を行使しないことにお約束頂いたものとします。本条の規定はユーザがびびなびの利用を停止した後も同様に適用されるものとします。
第10条(他媒体について)

弊社はユーザのデータをびびなび以外のウェブ、書籍、出版物等の他媒体に転載する(以下、「データの転載」)場合があります。本総合利用規約に同意することにより、ユーザは予めデータの転載にも同意したものと見なされます。本条は弊社によるデータの転載を約束するものではなく、弊社にてデータの転載がユーザもしくは弊社に多大な被害を発生させる恐れがあると判断する場合は転載を行わないことがあります。

  • データの転載を行う場合、原則、弊社はユーザがびびなび上に投稿したデータをそのまま利用することとしますが、弊社で編集の必要があると判断する場合、弊社はデータを編集できるものとします。またユーザによるデータの変更、削除等があった場合でも、変更、削除が行われたタイミングによってはその変更や削除がデータの転載の際に反映されない場合があります。現在のデータ締切日:アメリカ西海岸時間の毎月第2、第4金曜日の1週間前(土日祝祭日が重なる場合はその最終営業日)。データ締切日はユーザへの通知なしに変更される場合があります。
  • データの転載およびデータの転載時にデータの変更、削除が反映されないことが原因で何らかの問題が発生する場合でも、弊社は一切責任を負わず、損害の全額をユーザに請求できるものとします。
第11条(営業活動の禁止)
弊社が特別に承認した場合を除き、ユーザによるびびなび上での営業活動、営利を目的とした行為は一切禁止されています。これには無料掲示板を営利目的で使用する行為も含まれます。営利目的でびびなびを利用する場合は、必ず有料サービスをご利用ください。また不特定多数のユーザに一斉にメールを配信する等の行為は、営利目的であるかどうかに関わらず、これを営利目的と見なし一切禁止します。特に法人登記を行っている団体や団体の形式にかかわらず、営利を目的としている場合、または弊社が法人であると判断する場合も全てがこれに該当します。
第12条(禁止事項)

びびなびを利用するにあたり、ユーザによる以下の行為を禁じるものとします。ユーザが本条に違反したと弊社で判断する場合は、ユーザへの事前通知なしにびびなびの利用を停止できるものとします。

  • 第三者および弊社の著作権、商標権、知的財産権、その他の知的財産を侵害する行為、もしくは弊社がそう判断する行為。
  • 第三者および弊社の財産、プライバシー、肖像権を侵害する行為、もしくは弊社がそう判断する行為。
  • 他者に対してあきらかな悪意、偏見を招く行為、もしくは他者を、悪意を持って差別、誹謗中傷、脅迫し、他者の名誉、信用を毀損する行為、もしくは弊社がそう判断する行為。
  • 児童ポルノまたは児童虐待等にあたる、もしくは違法、不道徳な画像、動画、文書等を送信または掲載する行為、もしくは弊社がそう判断する行為。
  • 未成年者に対して、未成年者に害のある商品やサービスを販売または広告する行為、もしくは弊社がそう判断する行為。
  • 詐欺、無限連鎖講等の犯罪に結びつく行為、もしくは弊社がそう判断する行為。
  • 選挙活動、非合法活動、宗教活動等を助長する行為、もしくは弊社がそう判断する行為。
  • 有害なプログラムを使用、送信する行為もしくは他者に損害を与える行為。
  • 弊社のサーバーまたはネットワークへ著しく負荷をかける行為。
  • 弊社の許可なくアクセスすることができないシステム内に蓄積された情報等にアクセスし、弊社のシステム内に蓄積された情報等を改ざん、削除する行為。
  • 他者のユーザ情報を本人の許可なく使用する行為、もしくは弊社がそう判断する行為。
  • 虚偽情報の申告、届出を行う行為、または他者になりすまし、びびなびを利用する行為、もしくは弊社がそう判断する行為。
  • 同一趣旨のメールの送信やデータの投稿を複数回にあたり行う行為、または他者が嫌悪感を抱く行為、もしくは弊社がそう判断する行為。
  • 各国の法律、法令、公序良俗または本総合利用規約、各規約等に違反し、または他者の権利を侵害する行為、もしくは弊社がそう判断する行為。
  • 事実と異なる情報および事実と誤解させる恐れのある情報を掲載する行為、もしくは弊社がそう判断する行為。
  • びびなび内に登録した情報の放置、または管理不届きと思われる行為、もしくは弊社がそう判断する行為。
  • びびなびを不正目的で使用する行為、もしくは弊社がそう判断する行為。
  • 手段を問わず、びびなびの運営を妨げる行為、もしくは弊社がそう判断する行為。
  • その他、弊社が不適切と判断する行為。
第13条(免責)
弊社はデータの管理や監視を行う義務を負わず、いかなる状況下においても、ユーザのびびなび利用にかかわる一切の行為に対して保証を行いません。弊社の債務不履行責任は弊社の故意、または重過失によらない場合は免責されるものとします。ユーザはびびなびを通じて得る情報(リンク先も含む)の完全性、正確性、有用性、適法性について、弊社が保証していないこと、およびびびなびを利用することでユーザが損害を被った場合でもその理由、原因を問わず、弊社が一切責任を負わないことを理解し、びびなびを利用するものとします。なお、びびなびを利用することにより、利用するメールアドレスにスパムメールが届く場合も同様とします。
第14条(弊社によるデータの削除)
弊社が何らかの理由により、データの全て、または一部を削除する場合でも基本的にユーザへの通知は行いません。また、データの削除理由等の非掲載に関する質問にも一切お答えしません。
第15条(びびなびの提供維持)
弊社は理由の是非に関わらず、ユーザへの事前通知なしにびびなびのサービス内容や名称の一部または全部の変更、追加、および廃止をする権利を保有しています。これによりユーザが損害を被る場合でも弊社は一切の補償を行いません。また弊社の予測不可能な事態(地震、システムの破損、通信網の障害、その他災害等)が発生し、システムが停止する等の理由により、表示速度の低下や障害等が生じた場合や弊社がびびなびの提供自体を中止、中断する場合も同様とします。
第16条(広告の表示)
弊社はびびなび上に弊社と別途契約を結んだ広告主の広告を掲載することができるものとします。広告は広告主が自ら作成、もしくは広告主から提供された資料等をもとに制作されており、弊社は広告および広告内容に関して一切責任を負いません。びびなび上に掲載される広告や広告主との交渉、契約、その他広告に関連して発生する紛争はユーザが自己の費用と責任で解決するものとします。
第17条(弊社に対する補償)
ユーザの投稿したデータ、ユーザによるびびなびの利用、ユーザのびびなびへの接続、ユーザの本総合利用規約違反もしくはユーザによる第三者の権利侵害に起因または関連して生じた全ての損害や費用は、ユーザ自身の費用と責任において解決するものとします。また、それに起因して弊社に何らかの費用が発生した場合、または弊社が賠償金等を支払った場合、弊社が支払った費用(裁判費用、弁護士費用、集金代行依頼費用等を含む全ての費用)や賠償金をユーザが全額負担するものとします。
第18条(個人情報について)
弊社は別途定める「プライバシーポリシー」に従い、ユーザの個人情報を取り扱うものとします。
第19条(お問い合わせについて)
びびなびの運営、びびなびのサービス、本総合利用規約、その他に関するお問い合わせは、メールのみで受付しています。原則として、電話でのお問い合わせは対応しておりません。
第20条(通知または連絡について)
弊社はユーザに対し、有益だと思われる情報、弊社のサービス案内、お知らせ、メールマガジン、その他広告等の配信を行う場合があり、ユーザはこれに同意したものとします。ただし、ユーザがこれらの配信停止を希望する場合は、ユーザパネルの基本設定のお知らせ設定から配信停止の依頼をすることができます。ユーザが配信停止を選択した結果、ユーザのびびなび利用に必要な情報等が配信されない場合でも弊社は一切責任を負いません。
第21条(本総合利用規約の変更)
弊社はユーザへの事前通知や承諾なしに本総合利用規約を随時変更できるものとします。本総合利用規約に変更がある場合、弊社は変更後の本総合利用規約をびびなび内に掲示します。変更後の本総合利用規約がびびなび内に掲示されてから、ユーザがびびなびにアクセスし、びびなびの利用を行った時点でユーザが変更後の本総合利用規約を承諾したものと見なします。
第22条(管轄裁判所)
本総合利用規約およびびびなびに関する全ての紛争、訴訟については、弊社の指定するロサンゼルス内裁判所を管轄裁判所とします。
第23条(準拠法)
本総合利用規約およびびびなびに関する準拠法は、他の法律と抵触しない限り、カリフォルニア州法とします。

第2章 会員規約

この「会員規約」(以下、「本会員規約」といいます)は、びびなびでのユーザ登録に関する規約です。未成年ユーザ以外のユーザはユーザ登録を行わない場合でもびびなびを利用することができますが、ユーザ登録を完了したユーザはユーザパネルおよびビズパネルの利用が可能となります。ユーザ登録を行うユーザ(以下、「会員」といいます)は、本会員規約に同意したものとみなします。会員は本会員規約に定められている内容を熟知し、厳守することで会員としてびびなびおよびユーザパネル、ビズパネルの利用ができるものとします。

第1条(登録)

ユーザ登録をするものは、以下の各号に従って登録するものとします。また会員が虚偽の申告をした等の理由により、不利益を被った場合でも弊社は何ら責任を負わないものとします。

  • 弊社の指定した方法による手続を行うこと。
  • 虚偽の申告をしないこと。
  • ユーザ登録に必要となるユーザ情報は総合利用規約の第8条に従い、会員の自己の責任において、登録、管理すること。
  • ユーザ情報以外にユーザ登録することで設定が可能となる基本設定、権限設定、会社情報設定、お支払い設定等の会員設定(以下、「会員設定」)も会員の自己の責任において、登録、管理すること。
  • ユーザが未成年ユーザの場合は、保護者または親権者から必ずびびなび利用における同意を得ること。なお、未成年ユーザは有料サービスの利用はできません。
第2条(登録の承認)
ユーザ登録の承認は、弊社がユーザ登録の申し込みを受理し、会員が弊社から送付されるアクティベーションメール内にあるURLを弊社指定の期間内にクリックし、びびなびにアクセスすることで完了します。
第3条(登録の不承認)

弊社はユーザ登録を希望するもの(以下、「申込者」といいます)が以下のいずれかに該当することがわかった場合、その申込者のユーザ登録を承認しないことがあります。またユーザ登録の承認後でも、会員が以下のいずれかに該当すると弊社が判断する場合には、承認を取り消す場合があります。

  • 申込者が実在しない、またその恐れがある場合。
  • ユーザ情報および会員設定に虚偽の申告、誤記、記入漏れ等がある場合、またその恐れがある場合。
  • ユーザが未成年ユーザにもかかわらず、保護者または親権者から同意を得ていない場合。
  • 過去に会員資格の一時停止、または退会処分を受けたことがある場合。
  • 弊社の業務の遂行上または技術上支障がある場合。
  • その他、弊社が不適切と判断する場合。
第4条(会員の都合による退会)
会員が自らの意志で退会を希望する場合には、ユーザ登録に利用したメールアドレスから退会希望の通知を弊社に送信し、退会手続を行い、弊社にて受理された後、正式な退会が完了するものとします。また会員は退会後も弊社がデータを保存することを承諾するものとします。(未成年ユーザのデータについてはこちらをご確認ください。)
第5条(ユーザ登録の一時停止および取り消し)

会員が以下の各号および総合利用規約で定められている禁止事項等に該当すると判断した場合、弊社は会員への通知なしにユーザ登録を一時停止もしくは取り消す事(以下、「退会処分」といいます)ができることとします。また会員が複数のユーザ登録を行っている場合で、会員が保有するいずれかのユーザ登録が取り消しとなる場合、弊社はその会員に関連する全てのユーザ登録の取り消しができるものとします。会員が退会処分となる場合、会員がびびなび内で保有する全ての権利を抹消するものとします。

  • 本会員規約のいずれかに違反した場合。
  • ユーザ情報および会員設定で虚偽の申告をした場合。
  • その他、弊社が会員として相応しくないと判断した場合。
第6条(ユーザ情報および会員設定の変更)
会員のユーザ情報および会員設定に変更が生じた場合は速やかにその変更内容をユーザパネルより、ユーザ情報および会員設定の更新を行うことで弊社に報告しなければなりません。会員がユーザ情報および会員設定の変更を速やかに行わなかったことで会員が不利益を被った場合でも弊社は何ら責任を負わないものとします。
第7条(権限設定)

会員は以下の権限を設定し、会員本人以外のユーザもしくは会員に自身のユーザパネルやビズパネルへ代理でログイン(以下、「代理ログイン」といいます)を行う権利を与える(以下、「権限設定」といいます)ことができるものとします。権限設定には権限を与えられるユーザもしくは会員(以下、「代理人」といいます)のメールアドレスとパスワードが必要です。代理人が既に会員でユーザ情報を登録している場合は、そのユーザ情報を利用し、代理ログインが可能となります。代理人が会員でない場合は、代理ログイン用の設定が必要です。

  • アドミン(Admin):会員のユーザパネル、ビズパネルに代理ログインし、会員本人が可能な行為全てを行う権限が与えられます。
  • エディター(Editor):会員のユーザパネル、ビズパネルに代理ログインし、課金処理以外の記事や広告の作成、掲載、変更、削除等を行う権限が与えられます。会員の閲覧可能な情報は全て閲覧することができます。
  • ビューワー(Viewer):会員のユーザパネル、ビズパネルに代理ログインし、会員の閲覧可能な情報の閲覧のみを行う権限が与えられます。
第8条(免責)
本会員規約の第3条、第4条、および第5条に規定される措置の結果、申込者あるいは会員がびびなびを利用することができず、これにより損害が発生した場合でも弊社は一切責任を負いません。また、会員に対し弊社が被った損害の全額を会員に請求できるものとし、これは会員が既に退会している場合やびびなびから使用停止措置、もしくは退会処分を受けている場合でも同様に請求できるものとします。
第9条(本会員規約の変更)
弊社は会員への事前の通知や承諾なしに本会員規約を随時変更できるものとします。本会員規約に変更がある場合、弊社は変更後の本会員規約をびびなび内に掲示します。変更後の本会員規約がびびなび内に掲示されてから、会員がびびなびにアクセスし、びびなびの利用を行った時点で会員が変更後の本会員規約を承諾したものと見なします。

第3章 求人応募者のお約束事

弊社はびびなび内の「仕事探し」の利用にあたり、以下のように「求人応募者のお約束事」(以下、「応募者お約束事」といいます)を定め、びびなびの「仕事探し」を利用する全てのユーザはこれに同意したものと見なします。ユーザは応募者お約束事に定められている内容を熟知し、厳守することで「仕事探し」の利用ができるものとします。

第1条(仕事探し)
びびなびの「仕事探し」では、求人の募集を行う企業(以下、「求人掲載企業」といいます)が求人募集要項(以下、「求人広告」といいます)を掲載し、ユーザはその求人広告の閲覧やビデオ、書面による履歴書(以下、「履歴書」といいます)、ポートフォリオ等の送付を行うことができます。会員は、ユーザパネルより履歴書や履歴書とポートフォリオ等を1つのファイルにまとめた応募パッケージ(以下、「パッケージ」といいます)の作成および保存が可能です。
第2条(履歴書の保存)
弊社はユーザの同意にもとづき、ユーザがびびなび上で作成した、もしくは使用した履歴書やパッケージのバックアップ、または複製を行う場合があります。ユーザの同意が得られない場合はこの限りではありません。
第3条(国による法律の違い)
ユーザがびびなび上で求職活動を行う場合、ユーザ自らの責任で各国の雇用にかかわる法律および常識に準じて、「仕事探し」を利用するものとします。
第4条(免責)

弊社は、ユーザと求人掲載企業との間で発生するいかなる問題にも関与せず、問題や損害が発生するでも一切責任を負いません。ユーザと求人掲載企業の間で発生する問題は、ユーザと求人掲載企業の間で解決するものとします。

  • 「仕事探し」は、求職活動の場を提供することを目的とするものであり、面接の約束や仕事の提供をお約束するものではありません。よって弊社は、求人掲載企業の採用、不採用の判断にも一切関与しておりません。求人広告に関するご質問等は直接、求人掲載企業へお問い合わせください。
  • 弊社は、「仕事探し」に記載される求人広告の正確性、信憑性、あるいは求人掲載企業の信用性、契約締結能力、履行可能性、その他求人掲載企業に関する事柄について調査、監査、審査等の管理を一切行いません。
  • 弊社は、ユーザと求人掲載企業間の連絡、交渉、情報提供等の全てのやりとりに関与せず、求人掲載企業から何ら連絡がない場合でも一切の保証、またそれに対するお手伝いは行いません。
  • 弊社は、ユーザの履歴書やパッケージが何らかの理由により保存、送信されなかった、もしくは何らかの理由により、履歴書やパッケージが消滅、削除された場合も一切の保証を行いません。
第5条(禁止事項)
ユーザが「仕事探し」を利用する際、ユーザは各求人掲載企業に対して一切の迷惑メール、または一般的に迷惑メールと判断される内容のメールを送信しないこととします。 また一般的に必要以上と思われる回数の履歴書の送信も行わないことをお約束頂いたものとします。
第6条(応募者お約束事の変更)
弊社はユーザへの事前通知や承諾なしに応募者お約束事を随時変更できるものとします。応募者お約束事に変更がある場合、弊社は変更後の応募者お約束事をびびなび内に掲示します。変更後の応募者お約束事がびびなび内に掲示されてから、ユーザがびびなびにアクセスし、びびなびの利用を行った時点でユーザが変更後の応募者お約束事を承諾したものと見なします。

第4章 個人売買での禁止商品

びびなび内の「個人売買」では以下のような商品を販売、掲載することは禁止されています。また以下はあくまでも例であり、以下に記載されていない商品であっても、弊社にて掲載すべきではないと判断する商品についてはユーザへの通知なく、掲載の拒否もしくは削除する権利を有しますが、その義務を負うものではありません。また、「個人売買」に掲載される商品は、全ての適用法および規則に準拠するようユーザによって適切に調査されているものとし、販売された商品に起因または関連して生じた一切の損害についても、弊社は責任を負わないものとします。特に総合利用規約の第12条の禁止事項に該当するような商品は掲載できませんのでご注意ください。

  • アルコール飲料、タバコ、アダルトビデオ、児童ポルノ等、未成年に害を与える恐れのある商品。
  • 処方箋の必要な処方薬、医療機器、規制薬物(マリファナ、覚せい剤等)、コンタクトレンズ等。
  • 違法に複製されたCDやDVD、ソフトウェア等の他人の権利を侵害する商品。
  • 偽ブランド品、レプリカ等、本物であると証明できない商品や本物であると誤認させるような商品。
  • 無断で撮影された写真、芸能人等の画像や名前を無許可で利用した商品。
  • 個人情報や機密情報を含む情報、メーリングリスト、住所録等を含む商品。
  • 盗難品、違法に製造番号等が取り除かれた、または改造された商品、ピッキング用品等の犯罪にかかわる商品。
  • 盗撮画像、盗撮機器、犯罪の手引きに関する商品等、犯罪を助長する恐れのある商品。
  • 警察手帳や制服、資格、公的文書、通貨、運転免許証、社員証等の偽造品。
  • フードスタンプ等の国や州、地方自治体等から提供される公的扶助の権利、補助。
  • 銃、爆薬、花火、催涙ガス、スタンガン、刀、ナイフ、毒物等、その他殺傷能力のある武器類や危険物、またはそう判断される商品。
  • 殺虫剤、農薬、ガソリン等の危険物で適切なラベルの付けられていない商品。
  • 血液、体液、骨、卵子、精子等の人体の一部もしくはそれを含む商品。
  • 法律で規制されている植物や種、昆虫、動物の皮や毛皮等を含む商品。
  • ペット等の生き物。(有料の養子縁組の場合は可。)
  • 開封済みの食品や不純物の混入している食品等。
  • クーポンやギフト券、航空券等の転売が認められていない商品。
  • 抽選券、宝くじ等ギャンブルに関連する商品。
  • 現金、マネーオーダー、トラベラーズチェック、クレジットカード等、通貨と同等の役割を果たすもの。
  • リコール商品。

第5章 プライバシーポリシー

弊社は、びびなびを利用されるユーザの個人情報を重要なものであると考え、以下のようにプライバシーポリシー(以下、「プライバシーポリシー」といいます)を定め、実施します。

第1条(個人情報の定義)
個人情報とは、ユーザの氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、住所、クレジットカード情報等、ユーザを容易に特定することのできる情報を意味するものとします。また、ユーザの利用したサービス、検索キーワード、閲覧履歴、IPアドレス、ブラウザID、クッキー情報、位置情報等を特性情報(以下、「特性情報」といいます)といいます。弊社では、特性情報を個人情報同様に収集し、利用することがあります。クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することができますが、クッキー情報を拒否することでびびなびを正常に利用できなくなる恐れがあります。
第2条(個人情報の取得と利用)

弊社は、法令にもとづく場合を除き、ユーザの許可なく個人情報を収集しません。また、弊社ではユーザへのより良いサービス提供を行うため、以下の目的においてのみ、個人情報および特性情報を利用するものとします。

  • びびなびの利用に伴う本人確認および個人認証。
  • びびなびの提供、ユーザ向け各種サービスの提供。
  • ユーザにとってより有益な情報、広告のカスタマイズ。
  • びびなび利用における代金の請求。
  • びびなびの運用に伴うバックアップ保管。
  • びびなびに関するご意見、お問い合わせへの回答。
  • アンケート、キャンペーンの実施および連絡。
  • びびなびの充実や改善を目的としたユーザのびびなび利用にかかわる調査。
第3条(ターゲティング広告)
弊社では、ユーザがびびなびに投稿したテキスト、画像、動画を含むコンテンツやびびなびを通して送受信されたメールの本文等を分析して、関連性の高い情報や広告、検索結果等をユーザに提供します。また、各国の法律や規則によっては、未成年者に対する販売および宣伝が禁止されている商品あるいはサービスが定められている場合があります。カリフォルニア州においては、アルコール飲料、火器、銃器、爆薬、爆弾、タバコ、危険な花火、宝くじ、ギャンブル、タトゥー、薬物等、未成年者に害があると思われる特定の商品やサービスの販売および宣伝が禁止されています。弊社では上記のような商品、サービスが未成年ユーザに提供されることがないよう、合理的な手段を講じるとともに、必要な是正措置を実施するものとします。
第4条(個人情報の保管)
弊社は、第三者がユーザの個人情報に不当に触れることができないようにするため、合法的な範囲で厳重な管理体制のもと個人情報を保管します。 第2条の目的が達成され、保管する必要がないと弊社が判断した場合、弊社はお客様の個人情報を削除する場合があります。
第5条(個人情報の開示)

弊社は、下記の場合を除き、ユーザの同意なしには個人情報を第三者には開示、提供、販売、共有しません。また、必要な範囲を超えて第三者に開示、提供することもありません。

  • ユーザご本人の同意が得られた場合。
  • 法令にもとづき正式な公的機関より情報開示の申し込みがあった場合。
  • 法令により開示または提供が許容されている場合。
  • ユーザからのご質問へのご回答、資料送付の業務を業務委託会社で行う場合。
  • 統計資料等の個人を特定することができない資料を提供する場合。
  • 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ユーザご本人の同意を得ることが困難である場合。
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ユーザご本人の同意を得ることが困難である場合。
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合。
第6条(個人情報の委託)
弊社は、第2条に定められた目的達成のため、個人情報の取り扱いの全部または一部を信用できる企業もしくは個人に委託する場合があります。その場合は、弊社のプライバシーポリシーを遵守させる等、適切な機密保持およびセキュリティー対策を講じるものとします。
第7条(ユーザからの個人情報の開示・訂正・利用停止・削除)
弊社では、ユーザが自身の個人情報にアクセスできるように努めています。ユーザから情報の開示、訂正若しくは削除、または個人情報の利用若しくは提供の拒否を求められたときは、社会通念や慣行に照らし合理的な範囲でこれに応じます。ただし、ユーザからの要求が正当な理由なく何度も繰り返される場合や過度な技術的作業を要する場合、他人の権利が侵害される場合は対応をお断りする場合があります。これは正当なビジネス上、法律上の理由により個人情報を弊社にて保管する必要がある場合も同様とします。また、びびなびのシステム上、更新がすぐに反映されない場合や削除したデータがバックアップシステム等から完全に削除されない場合があります。なお、各サイト、サービス上にユーザ自身が投稿したコンテンツや情報が第三者の利用や投稿によって二次的に利用されている場合を考慮し、本条は弊社がデータの完全なあるいは包括的な訂正、削除を行うことを保証するものではありません。そのため、それらのデータに関連して発生するいかなる問題、損害についても弊社は一切責任を負わないものとします。個人情報の訂正および削除に関するお問い合わせはメールにてご連絡ください。
第8条(他人の情報)
ユーザが自分以外の第三者の情報を弊社に提供する場合は、必ずその本人から、ユーザが責任を持って弊社に対してその人の個人情報を提供することついて同意を得てください。
第9条(未成年者の個人情報の取り扱い)
弊社は未成年ユーザの個人情報についても、他のユーザと同様の保護を行います。未成年ユーザがびびなびの利用を希望する場合は、保護者または親権者からの同意が必要となります。保護者または親権者の同意がない場合、未成年ユーザがびびなびを利用することはできません。
第10条(プライバシーポリシーの変更)

弊社はユーザへの事前通知や承諾なしにプライバシーポリシーを随時変更できるものとします。プライバシーポリシーに変更がある場合、弊社は変更後のプライバシーポリシーをびびなび内に掲示します。変更後のプライバシーポリシーがびびなび内に掲示されてから、ユーザがびびなびにアクセスし、びびなびの利用を行った時点でユーザが変更後のプライバシーポリシーを承諾したものと見なします。

開示・訂正・苦情等窓口
Vivid Navigation, Inc.
お問い合わせフォーム

第6章 特定商取引法に関する表記

「特定商取引に関する法律」第11条にもとづき以下に明示します。

販売価格
びびなびもしくはBizArea内でサービス毎に表示しています。
送料
基本的に電子的なサービス提供の為、送料の負担はございません。
サービスの引渡時期
弊社で代金の支払いを確認した後、サービスを提供します。
代金の支払い方法
クレジットカード決済、チェック(小切手)支払い、ACH(The Automated Clearing House Network)、口座振替、銀行振り込み、コンビニ決済、現金。
代金の支払い時期
代金のお支払い時期は、サービスの利用前とします。ただし、別途契約により支払い時期が指定されている場合は、そちらを優先するものとします。
キャンセルについて
サービス購入後のユーザおよび広告主の都合によるキャンセルは受け付けておりません。
動作環境
Windows
  • OS:Windows 7 Windows 8/8.1 Windows 10
  • ブラウザ:Internet Explorer 10以降Edge 12以降 Chrome 31以降 Firefox 38以降 Opera 12.10以降
Mac
  • OS:OS X v10.0以降
  • ブラウザ:Safari 8以降 Chrome 31以降 Firefox 38以降 Opera 12.10以降
Android
  • OS:Android 4.4 Android 5.0/5.1
  • ブラウザ:Android Browser4.4.4以降 Chrome 31以降 Firefox 38以降 Opera 12.10以降
iPhone / iPod / iPad
  • OS:iOS 7 IOS 8
  • ブラウザ:Safari 7.1以降
事業者の名称
Vivid Navigation, Inc.
事業者の住所
24404 S. Vermont Ave. Suite 309 Harbor City, CA 90710 USA
事業者の電話番号

TEL 310-326-2900 (代表)

*アメリカ以外の国から電話をお掛け頂く場合は、電話番号の最初に国際認識番号と国番号の1を押してください。なお、国際認識番号は電話の発信国によって異なります。

法人事業者の代表者の氏名
代表取締役社長 田村好邦

第2編 有料サービスガイドライン

第1章 有料サービス総合利用規約

弊社は広告主の有料サービス利用にあたり、以下のように「有料サービス総合利用規約」(以下、「有料総合利用規約」といいます)を定め、びびなびの有料サービスを利用する全ての広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、広告主の利用するサービス毎の利用規約の全てに同意したものと見なします。広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、各サービスの利用規約に定められている内容を熟知し、厳守することでびびなびの有料サービスを利用できるものとします。

第1条(契約の成立)
広告主が有料サービスの利用にかかわり発生する費用(以下、「掲載料金」といいます)、支払方法、契約期間等の契約内容(以下、「契約内容」といいます)が記載された弊社指定の契約書に署名し、なおかつ基本ガイドライン、有料総合利用規約、各サービスの利用規約に同意した時点で各有料サービス利用における契約が成立するものとします。なお、広告主がオンラインで有料サービスの申し込みを行う場合は、オンライン上のE-Signatureによる署名が書面上の署名と同等の効力を発揮し、広告主がオンライン上で明記される契約内容および基本ガイドライン、有料総合利用規約、各サービスの利用規約に同意し、E-Signature(電子署名)を行った時点で契約が成立したものと見なします。
第2条(有料サービスの利用)
各有料サービスの利用は、弊社と直接契約を締結した広告主のみが利用できるものとします。広告主は、弊社の書面による事前の許可なく有料サービスを第三者に提供することはできません。広告主が第三者の情報を弊社に提供し、なおかつ弊社がこれを承諾する場合は例外として第三者の有料サービス利用が認められる場合があります。その場合、実際に有料サービスを利用する第三者も広告主が有料サービス利用に伴い同意した全ての規約に同意をしていることが前提となります。
第3条(カスタマーサポートセンター)
弊社では広告主が円滑に有料サービスを利用できるよう、広告主の有料サービス利用をお手伝いする部署としてカスタマーサポートセンター(以下、「CSC」といいます)を設置しています。CSCでは、広告主からの依頼により有料サービスの利用方法の案内や広告内に記載される文章、デザイン等のアドバイス(以下、「アドバイス」といいます)を無料で行っています。ただし、CSCによるアドバイスは、過去の経験を活かして提供される一個人の意見です。
第4条(制作物の著作権等)

びびなびのシステムを利用し制作された広告および弊社が広告主からの依頼により制作したデザイン、文章、画像、動画等の制作物(以下、「制作物」といいます)に関して、広告主は以下の各号に同意したものとします。

  • 制作物に関する一切の著作権は弊社に帰属するものとします。また、弊社は広告主の意志にかかわらず、これらの制作物を公開、出版、販売する権利を保有するものとします。ただし、広告主がびびなびのシステムを利用せず、独自に制作し、提供したデザイン等に関する著作権は広告主に留保されるものとします。
  • 広告主は、弊社からの書面による事前の承諾なく、制作物を複製、改変、翻訳および翻案等してはならないものとします。
  • 広告主は、制作物について弊社が承諾した以外の目的で制作物を利用する行為や第三者に制作物を提供する等の行為はできないものとします。
  • 広告主は、弊社が制作物の内容について、その真実性、合法性、安全性、適切性、有用性等について何ら保証しないことに同意するものとします。そのため、制作物の制作にかかわり、広告主が弊社およびCSCに文章、画像、動画等の広告用データ(以下、「広告データ」といいます)を提供する場合は、広告データの権利者から広告データ掲載許可を得ていること、ならびに第三者の著作権、商標権、肖像権等の権利を侵害していないことを保証するものとします。また、広告主が「外部メディアをロード」機能を用いる場合も同様とし、「外部メディアをロード」機能を利用し取得した画像、動画等により、何らかの問題が発生する場合も弊社は一切責任を負わず、広告主が全責任を負うものとします。
  • 制作物作成のために弊社およびCSCに提供された全ての広告データの正確性や合法性等の全ての責任は広告主に帰属するものとし、それらの広告データに関連して発生するいかなる問題、損害についても弊社は一切責任を負わないものとします。それらの広告データに関して、何らかの問題が生じた場合、広告主は自己の責任において速やかに問題となるデータを変更、もしくは削除するものとします。また、広告データに起因し、広告主に損害(弁護士費用等を含む)が発生する場合でも弊社には何ら請求できないものとします。これは「外部メディアをロード」機能を利用した場合も同様とします。
  • 弊社は制作物を弊社の宣伝または販売促進のための資料に利用することがあり、広告主は原則としてこれを承諾するものとし、承諾できない場合は予め弊社にその旨を書面で通知するものとします。
  • 広告主がびびなび以外で制作物を利用する行為を制作物の二次利用(以下、「二次利用」といいます)といいます。広告主が制作物の二次利用をする場合、広告主は弊社からの明確な書面による事前の許可を得、なおかつ二次利用に対する利用料金を支払わなければなりません。制作物の二次利用に関する許可とは弊社から直接許可を受けた広告主のみが制作物を利用できることを意味し、非独占的かつ譲渡不能な権利です。また、別段の合意がない限り、利用期間は二次利用が成立した日から1年とします。
第5条(オプショナルサービス)

有料のオプショナルサービスには、以下のサービスがあり、これらの費用を総称してオプショナルサービス料金(以下、「オプショナルサービス料金」といいます)といいます。オプショナルサービス料金として記載される金額は基本的に1回のみの料金であり、複数回変更が必要になる場合は、その都度料金が発生します。ただし、契約時に広告主がオプショナルサービスを毎月利用することに同意しており、月々払いを選択している場合は、毎月の請求にオプショナルサービス料金が追加されるものとします。

  • 「制作料金 (Production Fee)」(以下、「制作料金」といいます)とは、弊社による広告データの作成、修正を依頼する場合に発生する費用です。
  • 「画像修正料金 (Image Adjustment)」とは、弊社で画像を修正する場合に発生する費用です。
  • 「翻訳料金 (Translation Fee)」(以下、「翻訳料金」といいます)とは、広告主から提出された文章を弊社もしくは弊社の委託先で翻訳する場合に発生する費用です。
第6条(代金の支払い)
掲載料金や翻訳料金、オプショナルサービス料金、および有料サービスの初回利用時に必要となる場合のある初回セットアップ料金(以下、「セットアップ料金」といいます)、「暮らしのサポーターズ(コラム)」利用時のみ必要となるメンテナンス料金(以下、「メンテナンス料金」といいます)は、基本的に前払いで弊社の請求にもとづき、弊社の指定する方法で支払うものとし、掲載料金、翻訳料金、オプショナルサービス料金、セットアップ料金、メンテナンス料金を総称して代金(以下、「代金」といいます)と呼びます。お支払いの際に弊社指定の方法で代金を支払うことで金融機関等から手数料等が請求される場合でも手数料等は広告主の負担となります。また、弊社が物価の上昇等、やむを得ない理由により代金の改定が必要であると判断した場合、弊社は広告主の許可なく代金の改定を行う権利を有しますが、改定後の代金は広告主に通知されます。なお、原則として弊社は支払いが完了した代金の返金は一切行わないものとし、広告主が代金の支払い後、有料サービスの利用を取りやめたい場合でも返金は行いません。その場合、広告主が支払った掲載料金は未使用の掲載権として保存されます。掲載権(以下、「掲載権」といいます)とは、びびなびの有料サービスを1エリアで1回掲載する権利です。ただし、弊社が例外と見なし、返金が必要であると判断する場合は、弊社指定の方法により返金を行うものとします。
第7条(延滞料、その他費用)
広告主が代金の支払いを延滞する場合、弊社は各請求書につき米ドルで$30.00の延滞料金(以下、「延滞料金」といいます)を加算します。また、広告主が支払った代金が残高不足、口座閉鎖・変更、口座情報の誤り等により完了しなかった場合は、その手数料として米ドルで$25.00を広告主に請求できるものとし、広告主は未払いとなっている代金の全てをマネーオーダーもしくは現金で支払うものとします。また、銀行口座番号やクレジットカード情報等の支払い情報(以下、「支払情報」といいます)に変更がある広告主は速やかに新しい支払情報を弊社に通知しなければなりません。なお、アメリカ国外で延滞料金や手数料が発生する場合は、米ドルで$30.00の延滞料金、$25.00の手数料に相当する金額が加算されます。
第8条(超過料金)
弊社は別途超過料金が発生した場合、システム内に蓄積された利用データをもとに計算し、広告主に超過料金を請求できるものとします。
第9条(未払い代金の回収)
有料サービスが解約、もしくは破棄となった時点で広告主に何らかの未払い代金がある場合、弊社はすぐに法的機関や集金代行業者に代金の回収を委託する権利を保有します。また、これらの未払い代金は広告主および契約署名者が個人的に債務を負うものとし、広告主の支払い延滞により弊社に発生する全ての費用(裁判費用、弁護士費用、集金代行依頼費用等)を広告主および契約署名者が全額負担するものとします。なお、有料サービスの契約期間中に未払い代金が発生し、強制的に契約が破棄される場合、弊社は契約により将来発生する予定であった代金をもとに解約金を計算し、契約破棄となった時点で未払いとなっている代金にそれらを加算し、広告主に請求できるものとします。解約金の計算方法については各サービスの規約をご確認ください。
第10条(日付・時間の取り扱い)
有料総合利用規約、各サービスの利用規約内に記載されている日付や時間は太平洋標準時刻(Pacific Standard Time)を基準としています。ただし、びびなびが世界中にまたがる都合上、プログラムの起動時間に最大24時間の誤差が生じる可能性があります。これにより何らかの問題が発生する場合でも弊社は一切責任を負いません。
第11条(契約社名およびロゴ)
広告主は、弊社が広告主の名前およびロゴを弊社のサービス告知のために使用、公開することに同意したものとします。
第12条(契約社名等の変更)
広告主は、会社名、住所、電話番号、担当者名、支払情報等の契約書に記載した内容(以下、「契約者情報」といいます)に変更がある場合や広告主のビジネスが倒産、業務停止等の理由により業務を行うことができなくなった場合には、弊社にその旨を延滞なく書面で通知するものとし、書面による通知の延滞が原因で生じたいかなる損害も弊社には請求できないものとします。また、弊社が広告主から提供される契約者情報に記載される電話番号やメールアドレスに連絡をしたにも関わらず、2週間以上、広告主と連絡が取れない場合には、広告主のビジネスが倒産、もしくは業務停止となっていると判断し、弊社は一方的に有料サービスの契約を破棄できるものとします。またそれ以外の方法で広告主のビジネスが倒産、または業務停止となっている事実を知った場合も同様とします。
第13条(契約の破棄)

広告主が基本ガイドラインおよび有料サービスガイドラインのいずれかに違反した場合や以下の各号に当てはまる行為を行った場合、または本章第12条に示されるような広告主の業務の実態が確認できない事態が発生した場合は弊社が一方的に広告主との契約にかかわらず、有料サービスにおける契約を破棄できるものとします。契約が破棄となる場合、弊社は契約にもとづきびびなび内に掲載されている広告主の広告を全て削除できるものとします。また、契約破棄の時点で有料サービスの契約期間が残っている場合、弊社は契約により将来発生する予定であった代金をもとに解約金を計算し、契約破棄となった時点で未払いとなっている代金にそれらを加算し、広告主に請求できるものとします。

  • 弊社により定められた目的以外に広告主が有料サービスを利用する行為。
  • 弊社の書面による事前の許可なく有料サービスを第三者に提供、公開する行為。
  • 弊社より提供された有料サービスのシステムを変更、複製、または改造する行為。
  • 弊社の定めたソフトウェア以外を用い、有料サービスを利用する行為。
  • 契約者情報や支払情報の変更、広告主の倒産等の事実を弊社に延滞なく通知しない行為。
  • 代金の支払いがなく、催促しても支払わない行為。
  • その他、弊社が不適切であると判断する行為。
第14条(免責)
  • いかなる状況下においても弊社は広告主の有料サービス利用に関連して発生する一切の問題に対して何ら責任を負わないものとし、広告主は広告主と第三者の間で発生するいかなる問題も広告主と第三者の間で解決することに同意したものとします。
  • システムの更新、変更に伴い、システムが止まる等、有料サービスの利用に影響のある障害が発生し、直接的、付随的、または結果的に広告主に損害が発生した場合でも広告主は弊社に当該損害金を請求することはできず、弊社は失われたデータの保障も行いません。これは弊社の予測不可能な事態(地震、システムの破損、通信網の障害、その他災害等)が発生する場合も同様とします。
  • 広告主はアドバイスやアドバイスにより提供される情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性等に関する全ての保証および商標権や著作権等の侵害に関する全ての保証を放棄し、アドバイスを利用するものとします。また、アドバイスの利用の有無に関わらず、有料サービス利用における最終的な決裁者は広告主であり、広告主自身の判断をもとにアドバイスを利用するものとします。
  • 広告主は自己の責任で有料サービスの利用にあたり作成した全ての広告データをバックアップとして保存するものとし、何らかの理由で弊社のシステムから広告データが消失したとしても弊社は一切責任を負いません。
第15条(弊社に対する補償)
広告主が基本ガイドライン、有料サービスガイドラインに違反した場合、弊社は広告主からの許可なく全ての広告データを削除できるものとし、広告主の違反により弊社に発生した損害額を積算して、広告主に請求できるものとします。また、広告主はこれを支払うことに同意したものと見なします。
第16条(問題発生時の情報公開)
弊社は、広告主と第三者の間で発生する問題に一切関与しません。よって、弊社がシステム内に保存する広告主および第三者の情報(個人情報、会社情報、投稿内容等)を一切公開しません。ただし、法令にもとづき正式な公的機関より情報公開の申し込みがあった場合や広告主の代金未払い等により回収業者等から情報公開の依頼があった場合はこれに該当しないものとします。
第17条(機密保持)

広告主は、機密情報の保持について以下の各号に従うものを約束したものとします。

  • 広告主は、有料サービスの契約時、および利用時に知り得た弊社の業務上の機密情報(以下、「機密情報」といいます)を、法令や法的機関からの要求にもとづく場合を除き、第三者に漏らす、もしくは使用することはできません。法令や法的機関の要求にもとづき、機密情報を開示する場合は、開示前に弊社へその旨を通知するものとします。また、情報が以下に該当しなおかつ書面による証明ができる場合、それらの情報は機密情報に含まれないものとします。
    1. 情報開示の時点で既に公知の情報、またはその後開示を受けた広告主の責任によらずして公知となった情報。
    2. 広告主が弊社の力を得ず、独自に開発した情報および情報開示の時点で独自に保有していた情報。
    3. 広告主が機密保持義務を負うことなく、弊社以外の第三者から入手した情報。
  • 広告主は機密情報の管理に必要な措置を講ずるものとし、機密情報の漏洩、改竄、紛失等を防ぐために全力を尽くさなければなりません。
  • 弊社から機密情報の返却依頼があった場合、広告主は速やかに機密情報が記録された全ての媒体を弊社に返却するものとします。ただし、機密情報の引渡しが媒体の形式により困難な場合は、弊社の指示のもと、機密情報を破棄後、弊社から書面による承諾を得ることで機密情報の引渡しに替えることができるものとします。
第18条(有料総合利用規約の変更)
弊社は広告主への事前の通知や承諾なしに有料総合利用規約を随時変更できるものとします。有料総合利用規約に変更がある場合、弊社は変更後の有料総合利用規約をびびなび内に掲示します。変更後の有料総合利用規約がびびなび内に掲示されてから、広告主がびびなびにアクセスし、びびなびの利用を行った時点で広告主が変更後の有料総合利用規約を承諾したものと見なします。

第2章 タウンガイドプレミア利用規約

弊社は広告主の「タウンガイドプレミア」(以下、「タウンガイドプレミア」といいます)利用にあたり、以下のように「タウンガイドプレミア利用規約」(以下、「タウンガイド利用規約」といいます)を定め、びびなびの「タウンガイドプレミア」を利用する全ての広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、タウンガイド利用規約の全てに同意したものと見なします。広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、タウンガイド利用規約に定められている内容を熟知し、厳守することでびびなびの「タウンガイドプレミア」を利用できるものとします。

第1条(サービスの範囲)
「タウンガイドプレミア」とは弊社のシステムを利用し、広告主がびびなび内「オンライン電話帳(タウンガイド)」にて自身のサービスや商品等を紹介できるスペースを持つことができるサービスを示し、広告主はオンライン上で自由に「タウンガイドプレミア」内に表示される内容やテンプレート等を変更することができます。広告主の広告データはカテゴリー毎にABC順でびびなび上に表示されるため、「タウンガイドプレミア」で表示される会社名には会社名以外の文字や記号を入力することはできません。(ただし、広告データの掲載順は予告なしに変更される可能性があります。)また、「タウンガイドプレミア」を利用する広告主は、毎月25日に「仕事探し」の掲載権を1掲載権ずつ受け取るものとし、「まちかどホットリスト」も無制限でいくつでも掲載できるものとします。ただし、「タウンガイドプレミア」に付随して提供される掲載権を広告主が翌月の25日までに使用しない場合、掲載権は翌月へは持ち越されず、消滅します。また、「タウンガイドプレミア」には追加で乗り物売買の掲載権を毎月3掲載権受け取るカーディラープランと不動産の掲載権を毎月3掲載権受け取るリアルエステートプランが別途存在します。これらのプランにより提供される掲載権も翌月の25日までに使いきらない場合は、翌月へ持ち越されることなく消滅します。
第2条(サービスの開始)
広告主が書面により「タウンガイドプレミア」の申し込みを行う場合、広告主は弊社と契約を交わし、代金を支払った後、弊社による代金の受け取りおよび「タウンガイドプレミア」の利用設定が完了した時点で、「タウンガイドプレミア」の利用を開始することができます。広告主が「タウンガイドプレミア」 をびびなび上で掲載した日を「タウンガイドプレミア」の掲載開始日とします。利用設定完了後、広告主が速やかに「タウンガイドプレミア」の利用を開始しない場合、弊社は強制的に契約締結月の翌々月1日を広告主の「タウンガイドプレミア」掲載開始日と見なし、掲載料金の請求を開始できるものとします。広告主がオンラインから「タウンガイドプレミア」の申し込みを行う場合、広告主が申し込みを行った時点で「タウンガイドプレミア」の契約が成立し、広告主が「タウンガイドプレミア」の利用を開始したものと見なされ、広告主が「タウンガイドプレミア」を実際にびびなび上へ掲載したかどうかにかかわらず、その時点から「タウンガイドプレミア」の掲載料金が発生します。また、オンラインから「タウンガイドプレミア」を申し込む場合の契約期間は常に1年契約となります。
第3条(掲載料金の請求)
「タウンガイドプレミア」を利用する場合、掲載料金は常に前払いです。そのため、広告主は「タウンガイドプレミア」の契約時に、初回の掲載料金として1ヶ月分の掲載料金を弊社に支払うものとします。掲載料金は掲載開始日の翌日から請求が開始します。そのため、「タウンガイドプレミア」の利用を月の最終日に開始する場合は、翌月の1日から掲載料金が請求され、日割り計算は発生しません。「タウンガイドプレミア」をそれ以外の日に開始する場合、その月の請求は日割り計算となりますが、その後は毎月月末から数えて21日前に、翌月1ヶ月分の掲載料金が請求されます。
第4条(代金の課金)
広告主が代金の支払い方法でチェック、銀行振り込み、コンビニ決済、現金による支払いを選択している場合は、請求書に記載されている支払い期限までに支払いを完了させてください。広告主がクレジットカードおよびACH (The Automated Clearing House Network)での支払いを選択している場合、毎月月末から数えて21日前に発行された請求は、その月の25日に広告主の指定したクレジットカード、もしくは銀行口座に課金されます。25日に課金が完了しない請求については、翌月5日に再課金が行われます。5日、25日が週末、祝日と重なる場合は、翌営業日が課金日となります。また、ACHによる課金は、課金設定に1週間ほど、口座振替の場合は1ヶ月半ほど時間がかかります。広告主の銀行口座情報に変更がある場合、広告主は課金設定の時間を考慮し、速やかに新しい銀行口座情報を弊社まで通知するものとします。
第5条(サービスの解約)
広告主が「タウンガイドプレミア」の解約を希望する場合、広告主は「タウンガイドプレミア」の契約期間が終了する日から30日以上前に書面にて弊社にその旨を通知することにより、「タウンガイドプレミア」の解約ができるものとします。広告主が前記に従い、解約依頼を行わない場合、「タウンガイドプレミア」の契約期間は契約満了後も1ヶ月ごとに自動更新されるものとします。また、広告主が「タウンガイドプレミア」を解約する場合でも制作料金のキャンセルはできません。
第6条(解約金)
「タウンガイドプレミア」を契約期間内に解約する場合、広告主は残りの契約期間に対して将来発生する予定であった掲載料金の半分を解約金として弊社に支払うものとします。「タウンガイドプレミア」の契約期間は1年契約の場合、最初の掲載料金の支払いから12か月分 の掲載料金の支払いが完了するまでの期間とします。(6か月契約の場合は6か月分。)そのため、毎月支払いで1年契約の場合は12個の請求書の発行をもって、1年の契約が完了したものと見なします。(ただし、複数月の支払いを一括払いした場合は例外とされます。)さらに広告主から「タウンガイドプレミア」の解約依頼がない場合でも、有料総合利用規約の第12条の契約の破棄で規定されているような理由(代金の支払いがない等)により、広告主が契約に違反したと弊社で判断する場合は、一方的に契約を破棄し、契約にもとづきびびなび内に掲載されている広告主の広告を全て削除できるものとします。その場合、契約期間内の解約と同様に弊社は契約により将来支払われるべきであった掲載料金の半分を解約金として広告主に請求できるものとし、広告主はすぐに未払いとなっている全額を弊社に支払わなければなりません。
第7条(ドメイン設定)
広告主が自身で外部サービスから取得したドメインで「タウンガイドプレミア」にアクセスできるような設定を行う場合、そのドメインが有効期限切れとなっている等の理由で、広告主の「タウンガイドプレミア」が表示されない場合でも弊社は一切責任を負いません。広告主が自身で取得し、管理するドメインについての全責任は広告主にあります。
第8条(サービスの更新・変更)
弊社は広告主の許可および広告主への事前の通知なく、本章第1条で示される「タウンガイドプレミア」の内容、名称、デザイン、掲載場所等を変更することができるものとします。
第9条(サービスの提供維持)
理由の是非に関わらず、弊社が「タウンガイドプレミア」の提供を維持できないと判断する場合、弊社は「タウンガイドプレミア」の提供を維持する義務を負わないものとします。また、その場合でも広告主は弊社へ「タウンガイドプレミア」の掲載料金や制作料金等の返金および損害賠償等の請求はできないものとします。
第10条(タウンガイド利用規約の変更)
弊社は広告主への事前の通知や承諾なしにタウンガイド利用規約を随時変更できるものとします。タウンガイド利用規約に変更がある場合、弊社は変更後のタウンガイド利用規約をびびなび内に掲示します。変更後のタウンガイド利用規約がびびなび内に掲示されてから、広告主がびびなびにアクセスし、びびなびの利用を行った時点で広告主が変更後のタウンガイド利用規約を承諾したものと見なします。

第3章 バナー広告利用規約

弊社は広告主の「バナー広告」(以下、「バナー広告」といいます)利用にあたり、以下のように「バナー広告利用規約」(以下、「バナー利用規約」といいます)を定め、びびなびの「バナー広告」を利用する全ての広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、バナー利用規約の全てに同意したものと見なします。広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、バナー利用規約に定められている内容を熟知し、厳守することでびびなびの「バナー広告」を利用できるものとします。

第1条(サービスの範囲)
「バナー広告」とはびびなび内の各掲示板やページ内の指定エリア(以下、「バナースペース」といいます)に広告主の「バナー広告」を掲載し、広告主の指定するウェブサイトやウェブページへユーザを誘導するサービスです。バナースペースによっては、1つのバナースペースに複数の「バナー広告」が表示される場合があります。
第2条(サービスの開始)
「バナー広告」の掲載開始日は、書面による契約時に広告主と弊社で合意した日とします。広告主は、「バナー広告」の開始日より1週間前までに「バナー広告」掲載にかかわる掲載料金を弊社に支払うものとし、「バナー広告」の掲載に必要な広告データについては掲載開始日の10日前までに弊社に提出するものとします。弊社にて広告データを制作する場合は、掲載料金とは別に制作費用が発生します。広告主の広告データ提出や掲載料金の支払いが延滞することにより、「バナー広告」の掲載開始予定日に「バナー広告」が掲載されない場合でも弊社は一切責任を負いません。
第3条(掲載料金の請求)
「バナー広告」を利用する場合、掲載料金は常に前払いです。契約の期間にかかわらず、契約時に一括で前払いが可能ですが、広告主が「バナー広告」の月々払いを選択している場合は、弊社による別の指定がない限り、契約時に広告主と弊社で合意した金額が翌月1ヶ月分の掲載料金として、毎月月末から数えて21日前に広告主へ請求されます。
第4条(代金の課金)
広告主が代金の支払い方法でチェック、銀行振り込み、コンビニ決済、現金による支払いを選択している場合は、請求書に記載されている支払い期限までに支払いを完了させてください。広告主がクレジットカードおよびACH (The Automated Clearing House Network)での支払いを選択している場合、毎月月末から数えて21日前に発行された請求は、その月の25日に広告主の指定したクレジットカード、もしくは銀行口座に課金されます。25日に課金が完了しない請求については、翌月5日に再課金が行われます。5日、25日が週末、祝日と重なる場合は、翌営業日が課金日となります。また、ACHによる課金は、課金設定に1週間ほど、口座振替の場合は1ヶ月半ほど時間がかかります。広告主の銀行口座情報に変更がある場合、広告主は課金設定の時間を考慮し、速やかに新しい銀行口座情報を弊社まで通知するものとします。
第5条(サービスの解約)
広告主が「バナー広告」の解約を希望する場合、広告主は「バナー広告」の掲載開始日より1週間以上前に書面にてその旨を通知することにより、「バナー広告」の解約ができるものとします。また、広告主が「バナー広告」を解約する場合でも制作料金のキャンセルはできません。
第6条(解約金)
「バナー広告」を契約期間内に解約する場合、広告主は残りの契約期間に対して将来発生する予定であった掲載料金の半分を解約金として弊社に支払うものとします。「バナー広告」の契約期間は契約時に書面で広告主と弊社で合意した契約期間です。さらに広告主から「バナー広告」の解約依頼がない場合でも、有料総合利用規約の第12条の契約の破棄で規定されているような理由(例えば、代金の支払いがない等)により、広告主が契約に違反したと弊社で判断する場合は、一方的に契約を破棄し、契約にもとづきびびなび内に掲載されている広告主の広告を全て削除できるものとします。その場合、契約期間内の解約と同様に弊社は契約により将来支払われるべきであった掲載料金の半分を解約金として広告主に請求できるものとし、広告主はすぐに未払いとなっている全額を弊社に支払わなければなりません。
第7条(サービスの更新・変更)
弊社は広告主の許可および広告主への事前の通知なく、本章第1条で示される「バナー広告」の内容、名称、デザイン、掲載場所等を変更することができるものとします。
第8条(サービスの提供維持)
理由の是非に関わらず、弊社が「バナー広告」の提供を維持できないと判断する場合、弊社は「バナー広告」の提供を維持する義務を負わないものとします。また、その場合でも広告主は弊社へ「バナー広告」の掲載料金や制作料金等の返金および損害賠償等の請求はできないものとします。
第9条(バナー利用規約の変更)
弊社は広告主への事前の通知や承諾なしにバナー利用規約を随時変更できるものとします。バナー利用規約に変更がある場合、弊社は変更後のバナー利用規約をびびなび内に掲示します。変更後のバナー利用規約がびびなび内に掲示されてから、広告主がびびなびにアクセスし、びびなびの利用を行った時点で広告主が変更後のバナー利用規約を承諾したものと見なします。

第4章 暮らしのサポーターズ(コラム)利用規約

弊社は広告主の「暮らしのサポーターズ(コラム)」(以下、「コラム広告」といいます)利用にあたり、以下のように「コラム利用規約」(以下、「コラム利用規約」といいます)を定め、びびなびの「コラム広告」を利用する全ての広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、コラム利用規約の全てに同意したものと見なします。広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、コラム利用規約に定められている内容を熟知し、厳守することでびびなびの「コラム広告」を利用できるものとします。

第1条(サービスの範囲)
「コラム広告」とはびびなびのトップページからリンクされる専用ページ内で様々な専門家の方から暮らしに役立つ情報を連載していただくサービスです。専用ページから広告主のウェブサイトへのリンクやバックナンバーの閲覧等が可能です。各びびなびエリア内に表示される専門家は「コラム広告」内容の重複を避けるため、原則一業種一社に制限しています。
第2条(サービスの開始)
広告主は弊社と契約を交わし、代金を支払った後、弊社による代金の受け取りおよび「コラム広告」の利用設定が完了した時点で、「コラム広告」の利用を開始することができます。利用設定完了後、広告主が速やかに「コラム広告」の利用を開始しない場合、弊社は強制的に契約締結月の翌々月1日を広告主の「コラム広告」掲載開始日と見なし、掲載料金の請求を開始できるものとします。
第3条(コラム執筆代行)

広告主が自身でコラム広告内に記載する文章の執筆を行わず、弊社がコラム広告の契約時に広告主が予め決定したコラム広告用のタイトル(以下、「見出し」といいます)と広告主から提供された原稿(以下、「原稿」といいます)をもとに、コラム広告文章の執筆を代行する(以下、「コラム執筆代行」といいます)場合、広告主は以下の事項に同意の上、コラム執筆代行を利用するものとします。

  • コラム執筆代行は広告主から提供された見出し、原稿、および広告主への電話によるインタビュー(1時間以内)をもとに行われるものとします。
  • インタビューを受ける広告主は、見出しに沿って、的確に話を進め、弊社はインタビュー内容をもとに原稿に肉付けをする形でコラム執筆代行を行うものとします。なお、弊社はコラム執筆代行を行う目的でインタビューでの会話を録音しますが、会話は非公開データとして取り扱うものとします。
  • コラム執筆代行の頻度は、最大で1ヶ月に1回とし、1つのコラム広告文章は1000文字以内とします。
  • コラム執筆代行を利用する場合でも、コラム広告に記載する画像や図、データ等は広告主が用意するものとします。
  • コラム広告文章に関連する参考ウェブサイトや参考文献等の関連情報は広告主が用意するものとします。
  • コラム執筆代行の料金は広告主と弊社が別途書面で同意した金額に従うものとします。
  • コラム執筆代行に通訳や翻訳業務が必要となる場合は別途料金が発生するものとします。
  • コラム執筆代行に常識範囲以上の作業が発生した場合、弊社はその対価を別途請求できるものとします。
第4条(掲載料金の請求)
「コラム広告」を利用する場合、セットアップ料金と掲載料金を含むメンテナンス料金は常に前払いです。そのため、広告主は「コラム広告」の契約時に、初回の「コラム広告」掲載料金としてセットアップ料金と1ヶ月分のメンテナンス料金を弊社に支払うものとします。契約の期間にかかわらず、契約時に一括で前払いが可能ですが、広告主が「コラム広告」の月々払いを選択している場合は、弊社による別の指定がない限り、契約時に広告主と弊社で合意した金額が翌月1ヶ月分のメンテナンス料金として、毎月月末から数えて21日前に広告主へ請求されます。また、「コラム広告」のメンテナンス料金には弊社による1時間半の作業が含まれていますが、広告主が「コラム広告」の内容を変更しない場合でも、メンテナンス料金は発生します。なお、広告主の依頼により、「コラム広告」の変更作業が1時間半を超える場合はメンテナンス料金の追加請求が発生します。
第5条(代金の課金)
広告主が代金の支払い方法でチェック、銀行振り込み、コンビニ決済、現金による支払いを選択している場合は、請求書に記載されている支払い期限までに支払いを完了させてください。広告主がクレジットカードおよびACH (The Automated Clearing House Network)での支払いを選択している場合、毎月月末から数えて21日前に発行された請求は、その月の25日に広告主の指定したクレジットカード、もしくは銀行口座に課金されます。25日に課金が完了しない請求については、翌月5日に再課金が行われます。5日、25日が週末、祝日と重なる場合は、翌営業日が課金日となります。また、ACHによる課金は、課金設定に1週間ほど、口座振替の場合は1ヶ月半ほど時間がかかります。広告主の銀行口座情報に変更がある場合、広告主は課金設定の時間を考慮し、速やかに新しい銀行口座情報を弊社まで通知するものとします。
第6条(サービスの解約)
広告主が「コラム広告」の解約を希望する場合、広告主は「コラム広告」の契約期間が終了する日から30日以上前に書面にて弊社にその旨を通知することにより、「コラム広告」の解約ができるものとします。広告主が前記に従い、解約依頼を行わない場合、「コラム広告」の契約期間は契約満了後も1ヶ月ごとに自動更新されるものとします。また、広告主が「コラム広告」を解約する場合でもセットアップ料金のキャンセルはできません。
第7条(解約金)
「コラム広告」を契約期間内に解約する場合、広告主は残りの契約期間に対して将来発生する予定であった掲載料金の20%を解約金として弊社に支払うものとします。ただし、契約日から6ヶ月以内に解約となる場合は、6か月分の掲載料金を解約金として弊社に支払うものとします。「コラム広告」の契約期間は契約時に広告主と弊社で合意した契約期間です。さらに広告主から「コラム広告」の解約依頼がない場合でも、有料総合利用規約の第12条の契約の破棄で規定されているような理由(例えば、代金の支払いがない等)により、広告主が契約に違反したと弊社で判断する場合は、一方的に契約を破棄し、契約にもとづきびびなび内に掲載されている広告主の広告を全て削除できるものとします。その場合、契約期間内の解約と同様に弊社は契約により将来支払われるべきであった掲載料金の20%を解約金として広告主に請求できるものとし、広告主はすぐに未払いとなっている全額を弊社に支払わなければなりません。
第8条(サービスの更新・変更)
弊社は広告主の許可および広告主への事前の通知なく、本章第1条で示される「コラム広告」の内容、名称、デザイン、掲載場所等を変更することができるものとします。
第9条(サービスの提供維持)
理由の是非に関わらず、弊社が「コラム広告」の提供を維持できないと判断する場合、弊社は「コラム広告」の提供を維持する義務を負わないものとします。また、その場合でも広告主は弊社へ「コラム広告」のセットアップ料金とメンテナンス料金等の返金および損害賠償等の請求はできないものとします。
第10条(コラム利用規約の変更)
弊社は広告主への事前の通知や承諾なしにコラム利用規約を随時変更できるものとします。コラム利用規約に変更がある場合、弊社は変更後のコラム利用規約をびびなび内に掲示します。変更後のコラム利用規約がびびなび内に掲示されてから、広告主がびびなびにアクセスし、びびなびの利用を行った時点で広告主が変更後のコラム利用規約を承諾したものと見なします。

第5章 ニュースアド利用規約

弊社は広告主の「ニュースアド」(以下、「ニュースアド」といいます)利用にあたり、以下のように「ニュースアド広告利用規約」(以下、「ニュースアド利用規約」といいます)を定め、びびなびの「ニュースアド」を利用する全ての広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、ニュースアド利用規約の全てに同意したものと見なします。広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、ニュースアド利用規約に定められている内容を熟知し、厳守することでびびなびの「ニュースアド」を利用できるものとします。

第1条(サービスの範囲)
「ニュースアド」とはびびなび内の各掲示板やページ内の指定エリアにテキスト形式で情報を掲載し、広告主の指定するウェブサイトやウェブページ、画像ファイルへユーザを誘導するサービスです。
第2条(サービスの開始)
「ニュースアド」の掲載開始日は、契約時に広告主と弊社で合意した日とします。広告主は、「ニュースアド」の開始日より1週間前までに「ニュースアド」掲載にかかわる掲載料金を弊社に支払うものとし、「ニュースアド」の掲載に必要なテキストやリンク先等の広告データについては掲載開始日の10日前までに弊社に提出するものとします。弊社にて広告データを制作する場合は、掲載料金とは別に制作費用が発生します。広告主の広告データ提出や掲載料金の支払いが延滞することにより、「ニュースアド」の掲載開始予定日に「ニュースアド」が掲載されない場合でも弊社は一切責任を負いません。
第3条(掲載料金の請求)
「ニュースアド」を利用する場合、掲載料金は常に前払いです。契約の期間にかかわらず、契約時に一括で前払いが可能ですが、広告主が「ニュースアド」の月々払いを選択している場合は、弊社による別の指定がない限り、契約時に広告主と弊社で合意した金額が翌月1ヶ月分の掲載料金として、毎月月末から数えて21日前に広告主へ請求されます。
第4条(代金の課金)
広告主が代金の支払い方法でチェック、銀行振り込み、コンビニ決済、現金による支払いを選択している場合は、請求書に記載されている支払い期限までに支払いを完了させてください。広告主がクレジットカードおよびACH (The Automated Clearing House Network)での支払いを選択している場合、毎月月末から数えて21日前に発行された請求は、その月の25日に広告主の指定したクレジットカード、もしくは銀行口座に課金されます。25日に課金が完了しない請求については、翌月5日に再課金が行われます。5日、25日が週末、祝日と重なる場合は、翌営業日が課金日となります。また、ACHによる課金は、課金設定に1週間ほど、口座振替の場合は1ヶ月半ほど時間がかかります。広告主の銀行口座情報に変更がある場合、広告主は課金設定の時間を考慮し、速やかに新しい銀行口座情報を弊社まで通知するものとします。
第5条(サービスの解約)
広告主が「ニュースアド」の解約を希望する場合、広告主は「ニュースアド」の掲載開始日より1週間以上前に書面にてその旨を通知することにより、「ニュースアド」の解約ができるものとします。また、広告主が「ニュースアド」を解約する場合でも制作料金のキャンセルはできません。
第6条(解約金)
「ニュースアド」を契約期間内に解約する場合、広告主は残りの契約期間に対して将来発生する予定であった掲載料金の半分を解約金として弊社に支払うものとします。「ニュースアド」の契約期間は契約時に広告主と弊社で合意した契約期間です。さらに広告主から「ニュースアド」の解約依頼がない場合でも、有料総合利用規約の第12条の契約の破棄で規定されているような理由(例えば、代金の支払いがない等)により、広告主が契約に違反したと弊社で判断する場合は、一方的に契約を破棄し、契約にもとづきびびなび内に掲載されている広告主の広告を全て削除できるものとします。その場合、契約期間内の解約と同様に弊社は契約により将来支払われるべきであった掲載料金の半分を解約金として広告主に請求できるものとし、広告主はすぐに未払いとなっている全額を弊社に支払わなければなりません。
第7条(サービスの更新・変更)
弊社は広告主の許可および広告主への事前の通知なく、本章第1条で示される「ニュースアド」の内容、名称、デザイン、掲載場所等を変更することができるものとします。
第8条(サービスの提供維持)
理由の是非に関わらず、弊社が「ニュースアド」の提供を維持できないと判断する場合、弊社は「ニュースアド」の提供を維持する義務を負わないものとします。また、その場合でも広告主は弊社へ「ニュースアド」の掲載料金や制作料金等の返金および損害賠償等の請求はできないものとします。
第9条(ニュースアド利用規約の変更)
弊社は広告主への事前の通知や承諾なしにニュースアド利用規約を随時変更できるものとします。ニュースアド利用規約に変更がある場合、弊社は変更後のニュースアド利用規約をびびなび内に掲示します。変更後のニュースアド利用規約がびびなび内に掲示されてから、広告主がびびなびにアクセスし、びびなびの利用を行った時点で広告主が変更後のニュースアド利用規約を承諾したものと見なします。

第6章 求人/住宅欄利用規約

弊社は「びびなび求人/住宅欄」(以下、「求人/住宅欄」といいます)へ広告主が広告を掲載するにあたり、以下のように「求人/住宅欄広告利用規約」(以下、「求人/住宅欄利用規約」といいます)を定め、びびなびの「求人/住宅欄」を利用する全ての広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、求人/住宅欄利用規約の全てに同意したものと見なします。広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、求人/住宅欄利用規約に定められている内容を熟知し、厳守することでびびなびの「求人/住宅欄」を利用できるものとします。

第1条(サービスの範囲)
「求人/住宅欄」とはびびなびが毎月第2・4金曜日に発行するフリーペーパーです。「求人/住宅欄」にはびびなびのオンライン上で掲載されている地域の求人情報や住宅情報がランダムに記載されており、広告主は掲載料金を支払うことで「求人/住宅欄」内に広告を掲載することができます。
第2条(サービスの開始)
「求人/住宅欄」に広告を掲載する場合、掲載開始日は契約時に広告主と弊社で合意した日とします。広告主は掲載開始日の2週間前までに「求人/住宅欄」への広告掲載に必要な広告データの提出を行い、なおかつ広告データの提出前までに「求人/住宅欄」への掲載料金を弊社に支払うものとします。弊社にて広告データを制作する場合は、掲載料金とは別に制作費用が発生します。広告主の広告データ提出や掲載料金の支払いが延滞することにより、「求人/住宅欄」の掲載開始予定日に広告データが掲載されない場合でも弊社は一切責任を負いません。
第3条(掲載料金の請求)
「求人/住宅欄」を利用する場合、掲載料金は常に前払いです。契約の期間にかかわらず、契約時に一括で前払いが可能ですが、広告主が掲載料金の月々払いを選択している場合は、弊社による別の指定がない限り、契約時に広告主と弊社で合意した金額が翌月1ヶ月分の掲載料金として、毎月月末から数えて21日前に広告主へ請求されます。
第4条(代金の課金)
広告主が代金の支払い方法でチェック、銀行振り込み、コンビニ決済、現金による支払いを選択している場合は、請求書に記載されている支払い期限までに支払いを完了させてください。広告主がクレジットカードおよびACH (The Automated Clearing House Network)での支払いを選択している場合、毎月月末から数えて21日前に発行された請求は、その月の25日に広告主の指定したクレジットカード、もしくは銀行口座に課金されます。25日に課金が完了しない請求については、翌月5日に再課金が行われます。5日、25日が週末、祝日と重なる場合は、翌営業日が課金日となります。また、ACHによる課金は、課金設定に1週間ほど、口座振替の場合は1ヶ月半ほど時間がかかります。広告主の銀行口座情報に変更がある場合、広告主は課金設定の時間を考慮し、速やかに新しい銀行口座情報を弊社まで通知するものとします。
第5条(サービスの解約)
広告主が「求人/住宅欄」の解約を希望する場合、広告主は「求人/住宅欄」の掲載開始日より10日以上前に書面にてその旨を通知することにより、「求人/住宅欄」の解約ができるものとします。また、広告主が「求人/住宅欄」を解約する場合でも制作料金のキャンセルはできません。
第6条(解約金)
「求人/住宅欄」を契約期間内に解約する場合、広告主は残りの契約期間に対して将来発生する予定であった掲載料金の半分を解約金として弊社に支払うものとします。「求人/住宅欄」の契約期間は契約時に広告主と弊社で合意した契約期間です。さらに広告主から「求人/住宅欄」の解約依頼がない場合でも、有料総合利用規約の第12条の契約の破棄で規定されているような理由(例えば、代金の支払いがない等)により、広告主が契約に違反したと弊社で判断する場合は、一方的に契約を破棄し、契約にもとづき「求人/住宅欄」に掲載されている広告主の広告を全て削除できるものとします。その場合、契約期間内の解約と同様に弊社は契約により将来支払われるべきであった掲載料金の半分を解約金として広告主に請求できるものとし、広告主はすぐに未払いとなっている全額を弊社に支払わなければなりません。
第7条(サービスの更新・変更)
弊社は広告主の許可および広告主への事前の通知なく、本章第1条で示される「求人/住宅欄」の内容、名称、デザイン、掲載場所等を変更することができるものとします。
第8条(サービスの提供維持)
理由の是非に関わらず、弊社が「求人/住宅欄」の提供を維持できないと判断する場合、弊社は「求人/住宅欄」の提供を維持する義務を負わないものとします。また、その場合でも広告主は弊社へ「求人/住宅欄」の掲載料金や制作料金等の返金および損害賠償等の請求はできないものとします。
第9条(求人/住宅欄利用規約の変更)
弊社は広告主への事前の通知や承諾なしに求人/住宅欄利用規約を随時変更できるものとします。求人/住宅欄利用規約に変更がある場合、弊社は変更後の求人/住宅欄利用規約をびびなび内に掲示します。変更後の求人/住宅欄利用規約がびびなび内に掲示されてから、広告主がびびなびにアクセスし、びびなびの利用を行った時点で広告主が変更後の求人/住宅欄利用規約を承諾したものと見なします。

第7章 仕事探し利用規約

弊社は広告主の「仕事探し」(以下、「仕事探し」といいます)利用にあたり、以下のように「仕事探し利用規約」(以下、「仕事探し利用規約」といいます)を定め、びびなびの「仕事探し」を利用する全ての広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、仕事探し利用規約の全てに同意したものと見なします。広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、仕事探し利用規約に定められている内容を熟知し、厳守することでびびなびの「仕事探し」を利用できるものとします。

第1条(サービスの範囲)
「仕事探し」とは弊社のシステムを利用し、広告主がびびなび内「仕事探し」にて求人募集の広告や会社説明会等の情報を掲載できるサービスを示し、広告主はオンライン上で自由に「仕事探し」内に表示される内容等を変更することができます。求人とは関係のない広告やディストリビューターの募集、治験の被験者の募集等は掲載できません。また、一旦「仕事探し」へ掲載された情報は広告主が非掲載(削除)にしない限り、掲載を開始した日から30日間、びびなび上で掲載されます。(1掲載権=30日間の掲載)30日以上の掲載を希望する広告主は、「仕事探し」の掲載権を再度購入する必要があります。なお、「仕事探し」では1つの掲載で1ポジションの募集が可能で、1つの掲載で複数のポジションの募集を行う行為や広告主の会社名を非公開とする行為、もしくは本来の求人目的と異なる内容の掲載は禁止されており、弊社で違反を確認した場合、削除対象となります。また、第1編基本ガイドライン第1章総合利用規約の第12条(禁止事項)に該当する場合も同様とし、その場合も返金は行いませんので、十分注意してご利用ください。
第2条(サービスの開始)
広告主は弊社と契約を交わし、代金を支払った後、弊社による代金の受け取りおよび「仕事探し」の利用設定が完了した時点で、「仕事探し」の利用を開始することができます。また、広告主は購入した「仕事探し」の掲載権を「仕事探し」が存続する限り、いつでも好きな時に利用することができます。
第3条(掲載料金の請求)
広告主は「仕事探し」の利用を開始するまでに1掲載権分の料金として30日分の掲載料金を弊社に前払いするものとします。広告主が何らかの理由で掲載期間の途中にデータを削除もしくは非掲載にした場合でも返金は行われません。
第4条(代金の課金)
広告主がチェックによる掲載料金の支払いを選択した場合、弊社にてチェックを受け取ってから、「仕事探し」の掲載が可能となります。広告主がクレジットカードでの支払いを選択している場合は、その場で課金作業が行われ、課金が無事に完了した広告主には、すぐに「仕事探し」の掲載権が与えられます。それ以外のお支払い方法を広告主が選択している場合は、弊社にてお支払いの確認ができてから「仕事探し」の掲載権が与えられますが、通常お支払いの確認までに1週間ほど時間がかかります。
第5条(サービスの解約)
広告主が30日以内に「仕事探し」の解約を希望する場合、広告主はその時点でびびなび上に掲載されている「仕事探し」をびびなび上から非掲載(削除)することは可能ですが、その場合でも既に支払われた掲載料金の返金は行いません。さらに広告主から「仕事探し」の解約依頼がない場合でも、有料総合利用規約の第12条の契約の破棄に該当し、広告主が契約に違反したと弊社で判断する場合は、一方的に契約を破棄し、契約にもとづきびびなび内に掲載されている広告主の広告を全て削除できるものとしますが、この場合も返金は行いません。
第6条(解約金)
「仕事探し」は契約の途中解約が認められていないため、解約金は発生しません。
第7条(各国の法律遵守義務)
広告主は、広告主が「仕事探し」を利用する国、地域の法律を遵守し、「仕事探し」を利用するものとします。国や地域によって、雇用にかかわる法律は異なります。広告主は自己の責任で各国、地域の法律を遵守し、広告主が掲載する「仕事探し」が原因で発生するいかなる問題にも弊社が関与せず、全ての責任が広告主にあることを理解した上で「仕事探し」を利用するものとします。
第8条(サービスの更新・変更)
弊社は広告主の許可および広告主への事前の通知なく、本章第1条で示される「仕事探し」の内容、名称、デザイン、掲載場所等を変更することができるものとします。
第9条(サービスの提供維持)
理由の是非に関わらず、弊社が「仕事探し」の提供を維持できないと判断する場合、弊社は「仕事探し」の提供を維持する義務を負わないものとします。また、その場合でも広告主は弊社へ「仕事探し」の掲載料金や制作料金等の返金および損害賠償等の請求はできないものとします。
第10条(仕事探し利用規約の変更)
弊社は広告主への事前の通知や承諾なしに仕事探し利用規約を随時変更できるものとします。仕事探し利用規約に変更がある場合、弊社は変更後の仕事探し利用規約をびびなび内に掲示します。変更後の仕事探し利用規約がびびなび内に掲示されてから、広告主がびびなびにアクセスし、びびなびの利用を行った時点で広告主が変更後の仕事探し利用規約を承諾したものと見なします。

第8章 まちかどホットリスト利用規約

弊社は広告主の「まちかどホットリスト」(以下、「ホットリスト」といいます)利用にあたり、以下のように「ホットリスト利用規約」(以下、「ホットリスト利用規約」といいます)を定め、びびなびの「ホットリスト」を利用する全ての広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、ホットリスト利用規約の全てに同意したものと見なします。広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、ホットリスト利用規約に定められている内容を熟知し、厳守することでびびなびの「ホットリスト」を利用できるものとします。

第1条(サービスの範囲)
「ホットリスト」とは弊社のシステムを利用し、広告主がびびなび内「ホットリスト」にてクーポンの紹介やキャンペーンの告知等、短期プロモーションを行うことのできるサービスを示し、広告主はオンライン上で自由に「ホットリスト」内に表示される内容等を変更することができます。また、一旦「ホットリスト」へ掲載された情報は広告主が非掲載(削除)にしない限り、掲載を開始した日から30日間、びびなび上で掲載されます。(1掲載権=30日間の掲載)30日以上の掲載を希望する広告主は、「ホットリスト」の掲載権を再度購入する必要があります。なお、「ホットリスト」を利用した求人募集は一切認められておらず、削除対象になります。その場合も返金は行いませんので、十分注意してご利用ください。
第2条(サービスの開始)
広告主は弊社と契約を交わし、代金を支払った後、弊社による代金の受け取りおよび「ホットリスト」の利用設定が完了した時点で、「ホットリスト」の利用を開始することができます。また、広告主は購入した「ホットリスト」の掲載権を「ホットリスト」が存続する限り、いつでも好きな時に利用することができます。
第3条(掲載料金の請求)
広告主は「ホットリスト」の利用を開始するまでに1掲載権分の料金として30日分の掲載料金を弊社に前払いするものとします。広告主が何らかの理由で掲載期間の途中にデータを削除もしくは非掲載にした場合でも返金は行われません。
第4条(代金の課金)
広告主がチェックによる掲載料金の支払いを選択した場合、弊社にてチェックを受け取ってから、「ホットリスト」の掲載が可能となります。広告主がクレジットカードでの支払いを選択している場合は、その場で課金作業が行われ、課金が無事に完了した広告主には、すぐに「ホットリスト」の掲載権が与えられます。それ以外のお支払い方法を広告主が選択している場合は、弊社にてお支払いの確認ができてから「ホットリスト」の掲載権が与えられますが、通常お支払いの確認までに1週間ほど時間がかかります。
第5条(サービスの解約)
広告主が30日以内に「ホットリスト」の解約を希望する場合、広告主はその時点でびびなび上に掲載されている「ホットリスト」をびびなび上から非掲載(削除)することは可能ですが、その場合でも既に支払われた掲載料金の返金は行いません。さらに広告主から「ホットリスト」の解約依頼がない場合でも、有料総合利用規約の第12条の契約の破棄に該当し、広告主が契約に違反したと弊社で判断する場合は、一方的に契約を破棄し、契約にもとづきびびなび内に掲載されている広告主の広告を全て削除できるものとしますが、この場合も返金は行いません。
第6条(解約金)
「ホットリスト」は契約の途中解約が認められていないため、解約金は発生しません。
第7条(サービスの更新・変更)
弊社は広告主の許可および広告主への事前の通知なく、本章第1条で示される「ホットリスト」の内容、名称、デザイン、掲載場所等を変更することができるものとします。
第8条(サービスの提供維持)
理由の是非に関わらず、弊社が「ホットリスト」の提供を維持できないと判断する場合、弊社は「ホットリスト」の提供を維持する義務を負わないものとします。また、その場合でも広告主は弊社へ「ホットリスト」の掲載料金や制作料金等の返金および損害賠償等の請求はできないものとします。
第9条(ホットリスト利用規約の変更)
弊社は広告主への事前の通知や承諾なしにホットリスト利用規約を随時変更できるものとします。ホットリスト利用規約に変更がある場合、弊社は変更後のホットリスト利用規約をびびなび内に掲示します。変更後のホットリスト利用規約がびびなび内に掲示されてから、広告主がびびなびにアクセスし、びびなびの利用を行った時点で広告主が変更後のホットリスト利用規約を承諾したものと見なします。

第9章 乗り物売買利用規約(有料)

弊社は広告主の「乗り物売買有料サービス」(以下、「乗り物売買」といいます)利用にあたり、以下のように「乗り物売買利用規約」(以下、「乗り物売買利用規約」といいます)を定め、びびなびの「乗り物売買」を利用する全ての広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、乗り物売買利用規約の全てに同意したものと見なします。広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、乗り物売買利用規約に定められている内容を熟知し、厳守することでびびなびの「乗り物売買」を利用できるものとします。

第1条(サービスの範囲)
「乗り物売買」とは弊社のシステムを利用し、広告主がびびなび内「乗り物売買」にて乗り物の売り買いや貸し借りに関する情報を掲載できるサービスです。広告主はオンライン上で自由に「乗り物売買」に掲載される内容等を変更することができます。また、一旦「乗り物売買」へ掲載された情報は広告主が非掲載(削除)にしない限り、掲載を開始した日から30日間、びびなび上で掲載されます。(1掲載権=30日間の掲載)30日以上の掲載を希望する広告主は、「乗り物売買」の掲載権を再度購入する必要があります。なお、「乗り物売買」を利用する広告主がライセンス番号を保持している場合は、ライセンス番号の掲載を義務付けています。さらに1つの掲載に複数の乗り物を掲載する行為は認められておらず、削除対象になります。その場合も返金は行いませんので、十分注意してご利用ください。
第2条(サービスの開始)
広告主は弊社と契約を交わし、代金を支払った後、弊社による代金の受け取りおよび「乗り物売買」の利用設定が完了した時点で、「乗り物売買」利用を開始することができます。また、広告主は購入した「乗り物売買」の掲載権を「乗り物売買」が存続する限り、いつでも好きな時に利用することができます。
第3条(掲載料金の請求)
広告主は「乗り物売買」の利用を開始するまでに1掲載権分の料金として30日分の掲載料金を弊社に前払いするものとします。広告主が何らかの理由で掲載期間の途中にデータを削除もしくは非掲載にした場合でも返金は行われません。
第4条(代金の課金)
広告主がチェックによる掲載料金の支払いを選択した場合、弊社にてチェックを受け取ってから、「乗り物売買」の掲載が可能となります。広告主がクレジットカードでの支払いを選択している場合は、その場で課金作業が行われ、課金が無事に完了した広告主には、すぐに「乗り物売買」の掲載権が与えられます。それ以外のお支払い方法を広告主が選択している場合は、弊社にてお支払いの確認ができてから「乗り物売買」の掲載権が与えられますが、通常お支払いの確認までに1週間ほど時間がかかります。
第5条(サービスの解約)
広告主が30日以内に「乗り物売買」の解約を希望する場合、広告主はその時点でびびなび上に掲載されている乗り物の情報をびびなび上から非掲載(削除)することは可能ですが、その場合でも既に支払われた掲載料金の返金は行いません。さらに広告主から「乗り物売買」の解約依頼がない場合でも、有料総合利用規約の第12条の契約の破棄に該当し、広告主が契約に違反したと弊社で判断する場合は、一方的に契約を破棄し、契約にもとづきびびなび内に掲載されている広告主の広告を全て削除できるものとしますが、この場合も返金は行いません。
第6条(解約金)
「乗り物売買」は契約の途中解約が認められていないため、解約金は発生しません。
第7条(サービスの更新・変更)
弊社は広告主の許可および広告主への事前の通知なく、本章第1条で示される「乗り物売買」の内容、名称、デザイン、掲載場所等を変更することができるものとします。
第8条(サービスの提供維持)
理由の是非に関わらず、弊社が「乗り物売買」の提供を維持できないと判断する場合、弊社は「乗り物売買」の提供を維持する義務を負わないものとします。また、その場合でも広告主は弊社へ「乗り物売買」の掲載料金や制作料金等の返金および損害賠償等の請求はできないものとします。
第9条(乗り物売買利用規約の変更)
弊社は広告主への事前の通知や承諾なしに乗り物売買利用規約を随時変更できるものとします。乗り物売買利用規約に変更がある場合、弊社は変更後の乗り物売買利用規約をびびなび内に掲示します。変更後の乗り物売買利用規約がびびなび内に掲示されてから、広告主がびびなびにアクセスし、びびなびの利用を行った時点で広告主が変更後の乗り物売買利用規約を承諾したものと見なします。

第10章 不動産情報利用規約(有料)

弊社は広告主の不動産情報有料サービス(以下、「不動産情報」といいます)利用にあたり、以下のように「不動産情報利用規約」(以下、「不動産情報利用規約」といいます)を定め、びびなびの「不動産情報」を利用する全ての広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、不動産情報利用規約の全てに同意したものと見なします。広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、不動産情報利用規約に定められている内容を熟知し、厳守することでびびなびの「不動産情報」を利用できるものとします。

第1条(サービスの範囲)
「不動産情報」とは弊社のシステムを利用し、広告主がびびなび内「不動産情報」にて不動産の売り買いや貸し借りに関する情報を掲載できるサービスです。広告主はオンライン上で自由に「不動産情報」に掲載される内容等を変更することができます。また、一旦「不動産情報」へ掲載された情報は広告主が非掲載(削除)にしない限り、掲載を開始した日から30日間、びびなび上で掲載されます。(1掲載権=30日間の掲載)30日以上の掲載を希望する広告主は、「不動産情報」の掲載権を再度購入する必要があります。なお、「不動産情報」を利用する広告主がライセンス番号を保持している場合は、ライセンス番号の掲載を義務付けています。さらに1つの掲載に複数の不動産を掲載する行為は認められておらず、削除対象になります。その場合も返金は行いませんので、十分注意してご利用ください。
第2条(サービスの開始)
広告主は弊社と契約を交わし、代金を支払った後、弊社による代金の受け取りおよび「不動産情報」の利用設定が完了した時点で、「不動産情報」の利用を開始することができます。また、広告主は購入した「不動産情報」の掲載権を「不動産情報」が存続する限り、いつでも好きな時に利用することができます。
第3条(掲載料金の請求)
広告主は「不動産情報」の利用を開始するまでに1掲載権分の料金として30日分の掲載料金を弊社に前払いするものとします。広告主が何らかの理由で掲載期間の途中にデータを削除もしくは非掲載にした場合でも返金は行われません。
第4条(代金の課金)
広告主がチェックによる掲載料金の支払いを選択した場合、弊社にてチェックを受け取ってから、「不動産情報」の掲載が可能となります。広告主がクレジットカードでの支払いを選択している場合は、その場で課金作業が行われ、課金が無事に完了した広告主には、すぐに「不動産情報」の掲載権が与えられます。それ以外のお支払い方法を広告主が選択している場合は、弊社にてお支払いの確認ができてから「不動産情報」の掲載権が与えられますが、通常お支払いの確認までに1週間ほど時間がかかります。
第5条(サービスの解約)
広告主が30日以内に「不動産情報」の解約を希望する場合、広告主はその時点でびびなび上に掲載されている不動産情報をびびなび上から非掲載(削除)することは可能ですが、その場合でも既に支払われた掲載料金の返金は行いません。さらに広告主から「不動産情報」の解約依頼がない場合でも、有料総合利用規約の第12条の契約の破棄に該当し、広告主が契約に違反したと弊社で判断する場合は、一方的に契約を破棄し、契約にもとづきびびなび内に掲載されている広告主の広告を全て削除できるものとしますが、この場合も返金は行いません。
第6条(解約金)
「不動産情報」は契約の途中解約が認められていないため、解約金は発生しません。
第7条(サービスの更新・変更)
弊社は広告主の許可および広告主への事前の通知なく、本章第1条で示される「不動産情報」の内容、名称、デザイン、掲載場所等を変更することができるものとします。
第8条(サービスの提供維持)
理由の是非に関わらず、弊社が「不動産情報」の提供を維持できないと判断する場合、弊社は「不動産情報」の提供を維持する義務を負わないものとします。また、その場合でも広告主は弊社へ「不動産情報」の掲載料金や制作料金等の返金および損害賠償等の請求はできないものとします。
第9条(不動産情報利用規約の変更)
弊社は広告主への事前の通知や承諾なしに不動産情報利用規約を随時変更できるものとします。不動産情報利用規約に変更がある場合、弊社は変更後の不動産情報利用規約をびびなび内に掲示します。変更後の不動産情報利用規約がびびなび内に掲示されてから、広告主がびびなびにアクセスし、びびなびの利用を行った時点で広告主が変更後の不動産情報利用規約を承諾したものと見なします。

第11章 テキスト広告利用規約

弊社は広告主のテキスト広告サービス(以下、「テキスト広告」といいます)利用にあたり、以下のように「テキスト広告利用規約」(以下、「テキスト広告利用規約」といいます)を定め、びびなびの「テキスト広告」を利用する全ての広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、テキスト広告利用規約の全てに同意したものと見なします。広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、テキスト広告利用規約に定められている内容を熟知し、厳守することでびびなびの「テキスト広告」を利用できるものとします。

第1条(サービスの範囲)
「テキスト広告」とは弊社のシステムを利用し、広告主が選択したびびなび内の掲示板1ページ目の右横にテキストのみ、もしくはテキストおよび画像の掲載を行うことができるサービスです。テキスト広告が掲載される位置はページの読み込み毎に変わります。掲載期間は広告主が「テキスト広告」の申し込み時に指定した期間となり、原則、一旦掲載された「テキスト広告」の内容は変更することはできません。なお、「テキスト広告」を利用した求人募集は一切認められておらず、掲載することができません。
第2条(サービスの開始)
広告主は「テキスト広告」の申し込みをし、代金を支払った後、弊社による代金の受け取りおよび「テキスト広告」の利用設定が完了した時点で、「テキスト広告」の利用を開始することができます。「テキスト広告」の掲載開始日は通常、「テキスト広告」用のデータを弊社で受け取った日としますが、遅くとも弊社にて「テキスト広告」用のデータの受け取りが完了した日から1週間以内とします。
第3条(掲載料金の請求)
広告主は「テキスト広告」の申し込み時に「テキスト広告」の掲載期間により指定される掲載料金を弊社に前払いするものとします。
第4条(代金の課金)
広告主がチェックによる掲載料金の支払いを選択した場合、弊社にてチェックを受け取ってから、「テキスト広告」の掲載が可能となります。広告主がクレジットカードでの支払いを選択している場合は、その場で課金作業が行われ、課金が無事に完了した広告主は、すぐに「テキスト広告」の利用が可能になります。それ以外のお支払い方法を広告主が選択している場合は、弊社にてお支払いの確認ができてから「テキスト広告」の利用が可能になりますが、通常お支払いの確認までに1週間ほど時間がかかります。
第5条(サービスの解約)
広告主が指定した掲載期間以内に「テキスト広告」の解約を希望する場合、広告主はその時点でびびなび上に掲載されている「テキスト広告」をびびなび上から非掲載(削除)することは可能ですが、その場合でも既に支払われた掲載料金の返金は行いません。さらに広告主から「テキスト広告」の解約依頼がない場合でも、有料総合利用規約の第12条の契約の破棄に該当し、広告主が契約に違反したと弊社で判断する場合は、一方的に契約を破棄し、契約にもとづきびびなび内に掲載されている広告主の広告を全て削除できるものとしますが、この場合も返金は行いません。
第6条(解約金)
「テキスト広告」は契約の途中解約が認められていないため、解約金は発生しません。
第7条(サービスの更新・変更)
弊社は広告主の許可および広告主への事前の通知なく、本章第1条で示される「テキスト広告」の内容、名称、デザイン、掲載場所等を変更することができるものとします。
第8条(サービスの提供維持)
理由の是非に関わらず、弊社が「テキスト広告」の提供を維持できないと判断する場合、弊社は「テキスト広告」の提供を維持する義務を負わないものとします。また、その場合でも広告主は弊社へ「テキスト広告」の掲載料金や制作料金等の返金および損害賠償等の請求はできないものとします。
第9条(テキスト広告利用規約の変更)
弊社は広告主への事前の通知や承諾なしにテキスト広告利用規約を随時変更できるものとします。テキスト広告利用規約に変更がある場合、弊社は変更後のテキスト広告利用規約をびびなび内に掲示します。変更後のテキスト広告利用規約がびびなび内に掲示されてから、広告主がびびなびにアクセスし、びびなびの利用を行った時点で広告主が変更後のテキスト広告利用規約を承諾したものと見なします。

第12章 翻訳サービス利用規約

弊社は広告主の翻訳サービス(以下、「翻訳サービス」といいます)利用にあたり、以下のように「翻訳サービス利用規約」(以下、「翻訳サービス利用規約」といいます)を定め、びびなびの「翻訳サービス」を利用する全ての広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、翻訳サービス利用規約の全てに同意したものと見なします。広告主は基本ガイドライン、有料総合利用規約、翻訳サービス利用規約に定められている内容を熟知し、厳守することでびびなびの「翻訳サービス」を利用できるものとします。

第1条(用語の定義)

翻訳サービス利用規約における次の用語は、以下の通り定義するものとします。

  • 「依頼者」とは、「翻訳サービス」を介して翻訳依頼を行う広告主を指し、「翻訳者」とは「翻訳サービス」を介して翻訳業務を行う弊社もしくは弊社と業務提携する翻訳会社(以下、「翻訳会社」といいます)を指します。
  • 「原文」とは、依頼者が翻訳依頼を指定したページ内でシステムが自動認識した翻訳対象部分を示し、「成果物」とは、原文をもとに翻訳をした後の文章を指します。
第2条(サービスの範囲)
「翻訳サービス」とは、タウンガイドプレミア内に掲載される文章を依頼者からの依頼により、弊社もしくは翻訳会社が翻訳するサービスです。成果物は基本的にタウンガイドプレミア内のみに掲載されるものとします。弊社は状況に応じて、依頼者からの翻訳依頼を翻訳会社に委託する権利を有します。
第3条(サービスの開始)
弊社指定の方法により、翻訳依頼が行われ、翻訳者および依頼者が翻訳依頼および翻訳料金を承諾した時点で翻訳依頼が成立したものとします。翻訳依頼が弊社の指定する方法で行われた場合でも翻訳依頼の条件や内容によって、翻訳者は翻訳依頼をお断りする権利を有します。翻訳者が翻訳依頼をお断りする場合は、速やかにその旨を依頼者に通知するものとします。
第4条(情報提供)
依頼者は翻訳業務に必要となる情報を正確に翻訳者に提供するものとします。翻訳業務に必要な情報が十分に提供されていない場合、また情報が不正確な場合は成果物に誤訳や不足があったとしても成果物の修正は行いません。
第5条(翻訳時間)
翻訳依頼が成立した場合、原則として翻訳者は依頼者が指定した納品期限に従い、成果物を納品します。ただし、何らかの理由により翻訳者が納品期限内に成果物を納品できない場合は、依頼者にその旨を通知することで、納品期限を延長できるものとします。
第6条(翻訳料金の請求)
依頼者が翻訳依頼を行う場合、原文の文字数をもとに自動計算される概算の翻訳料金がタウンガイドプレミア内の翻訳依頼画面に表示されます。翻訳依頼を受け取った翻訳者は原文の専門性等を考慮し、最終的な翻訳料金を依頼者へ通知するものとします。なお、翻訳依頼が成立した時点で依頼者は翻訳者に翻訳料金を前払いするものとしますが、翻訳依頼の成立後に依頼者が原文の文章を変更、追加することで翻訳料金が変動した場合、翻訳者は追加で翻訳料金を請求できるものとします。なお、自動計算システムの不具合、翻訳言語の誤入力、もしくは原文の文字数の読み込みに問題があった場合、概算の翻訳料金は実際の料金と大きく異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
第7条(翻訳料金の課金)
依頼者がチェックによる翻訳料金の支払いを選択した場合、翻訳者がチェックを受け取ってから成果物が納品されます。依頼者がクレジットカードでの支払いを選択している場合は、課金の完了後に成果物が依頼者に納品されます。それ以外のお支払い方法を依頼者が選択している場合は、弊社にてお支払いの確認ができてから成果物は納品されますが、通常お支払いの確認までに1週間ほど時間がかかります。
第8条(サービスの解約)
原則として、翻訳依頼が成立した後の「翻訳サービス」の解約はできません。また、依頼者が翻訳依頼を途中解約する場合でも支払いの完了した翻訳料金については返金を行いません。なお、依頼者から「翻訳サービス」の解約依頼がない場合でも、有料総合利用規約の第12条の契約の破棄に該当し、依頼者が契約に違反したと弊社で判断する場合は、一方的に契約を破棄し、その後の利用をお断りする権利を有します。
第9条(解約金)
「翻訳サービス」は契約の途中解約が認められていないため、解約金は発生しません。
第10条(依頼者による保証)
翻訳依頼を行った時点で依頼者は翻訳者に対し、原文を閲覧、保存する権利を与えるものとします。また、依頼者は原文が第三者の著作権や商標権等を侵害していないことを保証するものとします。原文に起因し、発生するいかなる問題や損害も依頼者が自らの費用で解決するものとし、弊社および翻訳者は一切責任を負わないものとします。なお、成果物の著作権は弊社に帰属します。
第11条(免責)
弊社および翻訳者は翻訳方法、翻訳内容等、「翻訳サービス」を介して翻訳された成果物が原因で発生するいかなる問題や損害に対しても一切補償を行わないものとします。また、依頼者の故意、操作ミスの如何を問わず、依頼者による操作が原因で発生する問題や損害も同様とします。
第12条(サービスの更新・変更)
弊社は依頼者の許可および依頼者への事前の通知なく、本章第2条で示される「翻訳サービス」の内容、名称、デザイン、掲載場所等を変更することができるものとします。
第13条(サービスの提供維持)
理由の是非に関わらず、弊社が「翻訳サービス」の提供を維持できないと判断する場合、弊社は「翻訳サービス」の提供を維持する義務を負わないものとします。また、その場合でも依頼主は弊社へ翻訳料金等の返金および損害賠償等の請求はできないものとします。
第14条(翻訳サービス利用規約の変更)
弊社は依頼者への事前の通知や承諾なしに翻訳サービス利用規約を随時変更できるものとします。翻訳サービス利用規約に変更がある場合、弊社は変更後の翻訳サービス利用規約をびびなび内に掲示します。変更後の翻訳サービス利用規約がびびなび内に掲示されてから、依頼者がびびなびにアクセスし、びびなびの利用を行った時点で依頼者が変更後の翻訳サービス利用規約を承諾したものと見なします。